[web記事]「花遊記」公式ポスター公開、チャ・スンウォン × イ・スンギ カリスマに圧倒


チャスンウォン イ・スンギ 花遊記


tvN新土日ドラマ「花遊記」が主役たちの姿が盛り込まれた「公式ポスター」2種を電撃公開した。

12月23日午後9時に初放送される、tvN新土日ドラマ「花遊記」(脚本ホン・ジョンウン、ホン・ミラン/演出パク・ホンギュン/制作スタジオドラゴン、JSピクチャーズ)は、古代の小説「西遊記」をモチーフに、退廃的悪童妖怪の孫悟空と、上品なジェントル妖怪牛魔王が暗い世の中で光を探す旅を描いた「絶対ロマン退魔ドラマ」。

主演から助演まで、韓国の有名なブランド俳優が大勢出演することはもちろん、作家ホン・ジョンウン、ホン・ミランと、パク・ホンギュン監督が「最高の愛」以降、再び意気投合し、2017年の年末を熱く燃え上がらせてくれる期待作として話題を集めている。

これと関連して「花遊記」の主人公5人のキャラクターがそのまま現れた「5人のポスター」と、男同士のペアが盛り込まれた「2人のポスター」が公開されて、注目が集まっている。

チャスンウォン イ・スンギ オ・ヨンソ イ・ホンギ チャン・グァン 花遊記


公開された「5人のポスター」は、チャ・スンウォン、イ・スンギ、オ・ヨンソ、イ・ホンギ、チャン・グァンなど主人公5人がふっくらとした雲の上に立っている姿が写っている。西遊記をモチーフにした妖怪たちの「絶対ロマン退魔ドラマ」であるだけに、ファンタジーらしく幻想的な雰囲気をそのままうかがうことができる。まるで何かを探しているように、視線を向こう側の上に向けて眺めている俳優たちの圧倒的な視線が目を引く。

主演俳優たちのツーショット、男同士俳優の「2人のポスター」では、退廃的悪童妖怪、高尚なジェントル妖怪という相対する妖怪たちの性格を披露している。頭から足先まで全く違う雰囲気を発散しているが、オーラがあふれるカリスマを噴き出している二人の目つきが、早くからお茶の間劇場のときめきを誘発している。

制作会社サイドは、「『花遊記』が、よく見られる単純なファンタジードラマではなく、『絶対ロマン退魔ドラマ』という変わったジャンルだということを”公式ポスター”で感じられる」として、「ブランド俳優たちとブランド制作陣が出会って、もう一つのレジェンドとして誕生させる『花遊記』に多くの関心と期待をお願いする」と伝えた。

(ニュースエンの記事を翻訳しました)


*この記事はニュースエンのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

ついにポスターが公開されました。2種類のポスターはそれぞれ、ドラマの人物関係や雰囲気をよく表しているように思います。

スンウォン氏とイ・スンギ氏の「2人のポスター」がまたいいですねぇ♡スーツを着せたらオーラも色気もダンディーさも一気に噴出するスンウォン氏と、軍務を終えて身体が締まって凛々しくなったイ・スンギ氏の対比が、ドラマへの期待をいやおうなしに高めます。

やっぱりもう少し近づいて見てみたいですよね。

チャスンウォン 花遊記

チャスンウォン 花遊記


スーツのスンウォン氏の太ももの「パツパツ感」がたまりません♡雑誌の表紙みたいな素敵なポスターが出来上がり、ドラマでスンウォン氏のこんなかっこいい姿が拝める日が来るとは、ファンをやってて良かったと、しみじみ思います。

牛魔王の役はひと癖ありそうな予感ですが、間違いなく、「きゃあぁぁぁ♡」と絶叫するようなかっこいいスンウォン氏の姿を見ることができるでしょう。スンウォン氏、ファンが泣いて喜ぶような役を引き受けてくれて本当にありがとうございます!


関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

sae  

おはようございます♪
いつも新しい情報をありがとうございます!
カッコいいスーツ姿、太ももの「パツパツ感」も
十分に楽しませていただきました(*^^*)
もう一つの方もこの前のミントカラーのスーツといい
スンウォンさんしか着こなせない色のコートですね。
花遊記、ホントに楽しみです♪♪

2017/12/13 (Wed) 09:10

管理人  


saeさん、コメントをありがとうございます。

お久しぶりです。スンウォン氏のスーツの着こなしは抜群ですね♡スーツを着たスンウォン氏を見るたびに、惚れ惚れするような姿を隅々まで舐めるように(笑)鑑賞しています。

スーツもスンウォン氏みたいな人に着こなしてもらって本望だろうなぁ、なんて想像しながら「花遊記」の開始を楽しみに待っています。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/12/14 (Thu) 00:51

コメントを書く/Comment