「チャ・スンウォン!」今週のまとめ記事(2017年12月3週)


今週も「花遊記」の情報があふれた一週間でした。そんな中、制作発表会が開かれ、スンウォン氏をはじめ、共演のイ・スンギ氏、オ・ヨンソ氏、ソン・ジル氏、パク・ヒョンギュン監督の5名が参加しました。23日のドラマ開始に向けての大きなイベントが無事に終わり、残り一週間、「花遊記」の情報から目が離せません。

チャ・スンウォン 차승원 チャスンウォン
<今週の一枚>
スンウォン氏と牛魔王/ウ・フィチョル


制作発表


今週金曜日、15日に「花遊記」の制作発表会が開かれました。スンウォン氏はカジュアルな、迷彩柄のようなジャケットに黒のパンツという出で立ちで、颯爽と会場に姿を現しました。牛魔王のスーツ姿とは少し違ったイメージでしたが、スンウォン氏の落ち着いた柔らかい表情に合った素敵な装いでした。

出演者はこの日、朝9時半から10時までの間に撮影をしていたとかで、撮影現場からそのまま制作発表会場のホテルに向かったようです。

イ・スンギ氏が会見の中で語っていたように、「花遊記」はコンピュータグラフィックスを使ったシーンが多いので、通常のドラマに比べて撮影回数が多いようです。同じシーンでもCG加工のためにいろいろなパターンや角度で撮影したりするのかもしれませんね。俳優さんたちは大変そうです。

ドラマは10月ごろから撮影を始めたようですが、軍務を終えたイ・スンギ氏が11月になってから加わり、撮影が急ピッチで進められているようです。

韓国のドラマ撮影のタイトスケジュールぶりは、メディアのニュース記事でも批判されたり議論されたりしているようです。「花遊記」はキャスト全員が揃って撮影を開始できなかったこともあり、特に遅れて参加したイ・スンギ氏の撮影がかなり大変だという記事を読みました。

スンウォン氏も会見の中で、スンウォン氏とソン・ジル氏(須菩提役)の2人は体力的に大変だと笑いをとっていたようですが、寒さや睡眠不足、過酷な撮影日程に負けず、怪我や病気がないようにドラマの撮影が進むことを願っています。

会見の中では、スンウォン氏が「花遊記」を選んだ理由も語られたようです。「最高の愛」と同じ監督、同じ作家という環境で、スンウォン氏が信頼する人たちと再び仕事をしたいという思いが、スンウォン氏を「花遊記」出演に導いたようです。

人とのつながりを大切にし、より良い作品を作るためにベストを尽くすスンウォン氏が、信頼できる制作陣とともに新たなドラマを作りたいと思ったのは自然なことだったのかもしれません。

「花遊記」は今までにない、新しいジャンルのドラマになるようです。ちょっとグロテスクな妖怪が出てきたり、アクションがあったり、ロマンスがあったりと、面白いテイストのドラマになるような予感がしています。制作陣の新たなジャンルへの挑戦と意図が視聴者に伝わり、大ヒットドラマとして、「花遊記」がこの冬話題のドラマになりますように。


少しずつ見えてきた「花遊記」


今週は、ドラマのティーザー動画やハイライト動画など、たくさんの情報が入ってきました。言葉の壁という大きく立ちはだかるものはありますが、字幕を頼りに、映像から伝わってくるドラマの雰囲気や見所などの情報を、少しずつ合わせると「花遊記」というドラマが見えてくるような気がします。

スンウォン氏が演じる牛魔王は、天界から人間界に来て、神仙になるために千年の修行を続けているようです。妖怪の神になるという目標を持った人物のようです。ストイックなスンウォン氏に重なるような役ですね。

昨日公開されたハイライト動画では、その牛魔王の生活が少しずつ明らかになりました。国内最大のエンターテイメント会社の会長で、セレブ中のセレブの牛魔王ですが、笑ったり怒ったりと感情面で忙しい人のようです。

ハイライト動画から察するに、牛魔王と三蔵は過去に出会ったことがあるという設定のようです。天界と人間界の狭間のような場所で、まだ子供の三蔵が、髪の長い牛魔王に合うシーンが描かれていました。

三蔵は”妖怪が見える人間”という設定ですので、子供のころから妖怪たちが見えていたようです。大人になってから牛魔王に再会して、ひと騒動ありそうな気配です。

「西遊記」のように、三蔵の周りにいろいろな妖怪が集まり、ドラマが進んでいくのでしょう。神仙になりたい牛魔王、皆が見えないものが見えてしまう三蔵、そんな三蔵に惹かれる孫悟空、それぞれがそれぞれの事情を背負いながら、道を進んでいく。私たち視聴者もその旅のお供として、23日に出発します。人間と妖怪入り乱れての絶対ロマン退魔ドラマ、楽しみです!



スンウォン氏近影


今週、インスタグラムにスンウォン氏の写真がアップされました。一緒に写っているのは、「花遊記」の制作支援をしているスプレンディーノという会社の関係者のようです。オーダーのスーツなどを取り扱う専門店のようですので、ドラマの中でスンウォン氏が着るスーツなどもこちらの会社から提供されたものなのかもしれません。

チャ・スンウォン
インスタグラム(@splendino_han)より


ドラマには協賛という形で多くの企業が協力しています。協賛企業の中には、間接広告(PPL)という手法を使って、ドラマの中にその企業の製品を登場させて、自然に広告になるような形の広告方法をとるところもあるようです。韓国のドラマではよく使われている手法のようですので、今回もいろいろな企業の、いろいろな商品がドラマの中で見られそうです。

スンウォン氏は今回、セレブの役ということで、ドラマを見る上で衣裳にも注目したいと思っています。今週はドラマのシーンを写したスチール写真がたくさん公開され、ミントカラーのスーツや、チェックのスーツ、ロングコートなど、長身を生かした”攻め”のファッションが公開されています。

ティーザーやハイライト動画で紹介された「牛魔王ファッション」はほんの少しだけ。牛魔王の中身は、毎年ランウェイを颯爽と歩くスンウォン氏なのですから、「花遊記」ではため息の出るような、牛魔王ファッションを期待したいと思います。

ちょっと変だけどかっこいい、突然叫んだりするけどかっこいい、スリッパのにおいを嗅いじゃったりするけどかっこいい、そんな牛魔王に魂を持っていかれそうな予感がします。



今週はひたすら必死で記事を書き続けた一週間でした。ドラマ「華政」の放送開始の頃の忙しさを思い出しています。コメントやSNS経由で励ましといたわりのメッセージをたくさんいただき、ありがとうございました。

返信がいつもより遅れがちですが、みなさんからのコメントは全て目を通して、元気をもらっています。ドラマ開始前のお祭り騒ぎで力尽きないように、「ほどほどに」を心がけます。

今週もご訪問ありがとうございました。「花遊記」まであと1週間になりました。どうぞ良い週末をお過ごしください。



今週の記事のまとめです。

▶12月10日 <放送情報>チャ・スンウォン氏「雲を抜けた月のように」「華政(ファジョン)」
▶12月11日 チャ・スンウォン氏「花遊記」第1話ティーザーPart2
▶12月12日 スンウォン氏「花遊記」インタビュー/主演俳優たちが語るキャラクターとのシンクロ率は?
▶12月12日 [web記事]「花遊記」チャ・スンウォン、オーディション痛烈審査員に変身「ジェントル妖怪の社長遊び」
▶12月13日 [web記事]「花遊記」公式ポスター公開、チャ・スンウォン × イ・スンギ カリスマに圧倒
▶12月13日 チャ・スンウォン氏出演「花遊記」第1話予告編
▶12月14日 [web記事]「絶対カリスマ」チャ・スンウォンのお茶の間帰還!「花遊記」牛魔王のお出ましだ!
▶12月14日 チャ・スンウォン氏「花遊記」制作発表生中継情報
▶12月15日 [web記事]チャ・スンウォン × イ・スンギ × ホン姉妹「花遊記」強力なラインナップにかける期待
▶12月15日 チャ・スンウォン氏「花遊記」制作発表特設ギャラリー
▶12月15日 「花遊記」人物相関図&ドラマコンセプト
▶12月15日 チャ・スンウォン氏出演「花遊記」第1話ハイライト
▶12月16日 チャ・スンウォン氏「花遊記」制作発表公式動画集

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment