[web記事]「花遊記」チャ・スンウォン、「天界-人間界」牛魔王オーラ「破格変身」


チャスンウォン 花遊記 牛魔王


「名不虚伝(名に恥じない)チャ俳優が帰ってきた!」

tvN「花遊記」のチャ・スンウォンが「卓越したオーラ」を放つ、ジェントル妖怪「牛魔王」に変身した姿が公開された。

チャ・スンウォンは12月23日(土)夜9時に初放送される、tvN新土日ドラマ「花遊記」で巨大な白牛妖怪であり、国内最大手のエンターテインメント会社の会長として君臨するカリスマ牛魔王役を演じる。成功した企業家であり、トップ芸能人よりもっと有名なセレブに破格の変身を予告しながら、もう一度「チャ・スンウォンシンドローム」に対する期待感を呼んでいる。

何より、チャ・スンウォンが「牛魔王」だけの独特で立体的な魅力を如実に表す、「天界&人間界」二つのバージョンのオーラをを披露して視線を奪っている。チャ・スンウォンが森の真ん中で独特の個性が感じられる「魔王の帽子」をかぶり、青のベルベット素材のタキシードを着たまま長い雨傘を持って堂々と立っている場面。落ち葉が調和した美しい景色の中で、重厚な感じとともに天界の牛魔王らしい、神秘的な雰囲気を出している。

一方、チャ・スンウォンは、人間界では皆が尊敬し羨望の的であるセレブであり、国内最大手のエンターテインメント会社の長であるウ・フィチョル会長に変身、ユニークなカリスマ性を発散する。誰も消化できないミントカラースーツを着て最高のスーツフィットをかもし出すなど、頭からつま先までジェントルで洗練されたウ会長ならではの雰囲気で見る人を圧倒している。二つの面を持っている「牛魔王」のキャラクターを、チャ・スンウォン特有のスタイルで完成させて関心を呼び起こしている。

それだけでなく、チャ・スンウォンは天界の牛魔王と人間界のウ会長の姿を自由自在に行き来する、内面の深い演技で、現場では感嘆の声が起こった。190cmに迫る長身としっかりした身体、平凡な場所をランウェイにする卓越したオーラで、やや難解に思えるファッションまで完璧に消化した。また、撮影してる間ずっと、相手の俳優はもちろん、スタッフたちを細かく世話をする姿に「やはりチャ・スンウォンだ」という絶賛を受けた。

チャ・スンウォンは「今回の作品で作家ホン・ジョンウン、ホン・ミランとパク・ホンギュン監督に再び会えて嬉しい。台本を初めて見た瞬間、「牛魔王」という役にのめり込んだようだ。それほど魅力的なキャラクターだと思う。作家たち、監督と再会した作品なので、『最高の愛』のように抜群のチームワークをお見せする。視聴者を失望させない、面白くて感動的な『花遊記』のために努力する。たくさん期待してほしい」と所感を伝えた。

制作会社側は、「チャ・スンウォンがこれまで消化してきたキャラクターたちとは180度全く違った魅力を持った牛魔王役を通じて『名不虚伝』の最高の演技を披露することになるだろう。ドラマの複合的かつ立体的な牛魔王のキャラクターを消化できる俳優は、チャ・スンウォンただ一人だけだと思う。これから『絶対ロマン退魔ドラマ』花遊記を率いていくチャ・スンウォンの、素敵な変化を期待してほしい」と明らかにした。

tvN新土日ドラマ「花遊記」は、作家ホン・ジョンウン、ホン・ミランと、監督パク・ホンギュン、そして、チャ・スンウォンが2011年、最高視聴率を誇った「最高の愛」以降、二番目に意気投合した作品である。古代小説の「西遊記」をモチーフに、退廃的悪童妖怪の孫悟空と、上品なジェントル妖怪牛魔王が、暗い世の中で光を探す旅を描いた「絶対ロマン退魔ドラマ」である。

(スポーツ朝鮮の記事を翻訳しました)

*この記事はスポーツ朝鮮のニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

ついに出ました!スンウォン氏の撮影スチール写真が!!

「ミントカラー」のスーツにも驚きましたが、あのマジシャンみたいな格好のスンウォン氏をチラッと見てからというもの、頭の片隅に常に「ウ・フィチョル、イケてないマジシャン説」が漂っていました。

チャスンウォン
インスタグラム(@junghun890)動画からのスクリーンショット


ああ、これです。11月初めに舞い込んできた、スンウォン氏の撮影中の画像。「花遊記」、いや、スンウォン氏の役は大丈夫なんだろうか?!という、ぼんやりとした不安が…(笑)

今日の写真を見て、不安は吹き飛びました。

チャスンウォン 牛魔王

チャスンウォン 牛魔王


ああ、こういう人、いるいる!(えっ…?)
ちょっと外国風というか、天界(?)風というか、60年代のグループサウンズ風というか…(笑)

ともかく、怪しげだったか、イケてないだったかのマジシャン説は吹き飛び、「ウ・フィチョルが妖怪ワールドにいた時はこんな感じだったのね~」と納得できる写真で、何だかとても安心しました。ああよかった。

牛の頭の飾りのついた傘を持った、妖怪牛魔王。なぜ杖ではなくて傘なのか、傘を開くと何かが起こりそうな予感もして、妖怪ワールドの牛魔王は要チェックですね。どんな話し方なんだろうとか、どんなパワーがあるんだろうとか、いろいろ気になります。

さて、そして、(たぶん)本日のメインの写真はこちら!

チャスンウォン 牛魔王


ミントカラーです、ミント。もうそりゃあ元がモデルですから、何を着せても着こなします。元は「チャ・スンウォン」ですから!

しかし人間界に降りたウ・フィチョルさん、なかなかやりますね。妖怪牛魔王はちょっとミステリアスですが、人間界のウ・フィチョルさんはきっと、ちょっとズレているところがあって(天界と人間界じゃ随分違いますからね)、洋服のセンスなんかもぶっ飛んでるのではないかと想像しています。

以前にスンウォン氏は広告などで、着こなすのが難しい色のジャケット姿を披露してくれました。

チャスンウォン 牛魔王

チャスンウォン 牛魔王


今回のミントカラーはそれをはるかに上回る難関にもかかわらず、「すごい素敵~♡」なのが、さすがはスンウォン氏。「花遊記」でもファンの予想をはるかに超える、とんでもない牛魔王/ウ・フィチョルを見せてくれそうです。

「花遊記」まであと二週間ちょっと!楽しみです♪


関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

sahara  

管理人さん、こんばんは!
毎日お邪魔していますが...コメントはすごくお久しぶりです^^
花遊記、だんだん見えてきましたね~私も最初のマジシャン風のスンウォン氏を見たときは「だっ大丈夫なの??」と心配になりました(笑)
先日のティーザー動画や今回の画像から「ケンチャナー」という低くてシブい...そして60年代のグループサウンズ風スンウォン氏の声が聞こえてきました♪
放送開始に向けて管理人さんはお忙しくなりそうですね。
私の住む街では初雪が降りとっても寒くなりました。どうか風邪などひかれませんように。

2017/12/06 (Wed) 19:45

みらい  

 消化、やや難解な、とか、衣装については、スンウォン氏にとって挑戦とも言えるドラマのようです。
 退廃的悪童妖怪である孫悟空との絡みも気になります。なんか、悪童妖怪相手に「マジシャン」では勝ち目が無いような。

2017/12/06 (Wed) 21:40

管理人  


saharaさん、コメントをありがとうございます。

お久しぶりです~♪毎日訪問してくださっているとのこと、嬉しくコメントを読みました。

少しずつ「花遊記」の様子が明らかになってきました。最初に見たのがマジシャン風の牛魔王だったので、動揺が抑えられずに、こんな役を引き受けて大丈夫だったのだろうかと思いましたが、そこはやっぱりスンウォン氏、”ケンチャナー”でしたね!

ニュースが無い時のブログ運営はそれなりに知恵を絞ったりして記事作りに苦労しますが、逆にニュースが多い時も情報に埋もれてしまい、どこから手を付けたらよいのか悩みます。どちらにしてもスンウォン氏のことで頭を悩ますというのはファン冥利に尽きることなのですが…(笑)

初雪の便りが聞こえる季節になりました。「花遊記」に向けて私たちも体調管理をしっかりしないといけませんね。気合いだけは十分、23日に備えます。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/12/06 (Wed) 23:37

管理人  


みらいさん、コメントをありがとうございます。

さすがにニュース記事では「普通、こういう色は着ない」とは書けないでしょうから控え目な表現で書かれていましたが、普通はミントカラーのスーツなんて着ませんよねー(笑) 漫才師もびっくり、というような色のスーツを着ても、それなりに着こなしてしまうスンウォン氏はやはり「妖怪」なのかもしれません。

悪童妖怪の孫悟空は、長い毛皮のコートを着ているようです。毛皮のコート姿は天界か人間界か、どちらの孫悟空か分かりませんが、青いベルベットのジャケットを着て、シルクハットからウサギを出しているようじゃ全然勝てませんね。

牛魔王はきっとあのシルクハット、いや、「魔王の帽子」をかぶって手に持った傘を振ってエイッと声をかけると、何かすごいことが起こるんです…たぶん。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/12/06 (Wed) 23:38

コメントを書く/Comment