[web記事]チャ・スンウォン、ワナワン新曲で「悲運の父」役熱演


チャスンウォン


新アルバムでカムバックするワナワン(Wanna One)がタイトル曲「ビューティフル(Beautiful)」のミュージックビデオのプロローグを公開した。

9日午後、公式SNSを通じて公開された「ビューティフル」のミュージックビデオのプロローグは、幼い2人の兄弟の話とともにカメオ出演で話題になった俳優のチャ・スンウォンの熱演が注目を集めた。

ワナワン


その前に公開されたティーザーの最後のカン・ダニエルのボクシングの試合のシーンに続いて、劇中の2人の兄弟を持つ父親の役に扮したチャ・スンウォンが、IMFによって難しくなった家庭の事情のために家族と夜逃げをするシーンが繰り広げられた。

この時、いたずらをして落としたボールを拾いに行った子供を失ってしまうシーンで、幼い時別れた兄弟の切ないストーリーが予告された。

二人の兄弟の劇中の父親役を演じたチャ・スンウォンは、制作陣とシーンのディテールについて積極的に相談するなど、最善を尽くして撮影に臨み、映画と同じようなミュージックビデオをもたらした。

チャ・スンウォンは、リアルな演技とセリフで、薄情な現実の中で子供まで失った悲運の父の姿をさらに劇的に伝えており、難しい時代を生きる全ての世代の心を打つものとみられる。

さらに、家族と別れた子供が保育園で友達に会って笑うようになり、みんなで写真を撮るシーンが、時を経てワナワンのメンバーと交差し、その後、展開するストーリーに関心を持たせた。

ワナワンは13日前編リパッケージアルバムの「1-1=0 (Nothing Without You)」の発売を控えてカムバックの準備の真っ最中であり、発売当日夜7時、エムネットとtvNで同時放送されるカムバックショーでワナワンの新曲「ビューティフル」の初舞台を見ることができる。

(世界日報の記事を翻訳しました)


*この記事は世界日報のニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

先日、スンウォン氏がワナワンのミュージックビデオの撮影に参加した、という話題を記事でご紹介しました。13日のアルバム発売を前に、「プロローグ」としてミュージックビデオが公開されました。

何も知らずにスンウォン氏が出演した部分のミュージックビデオを見ると、何だか暗くて貧しい雰囲気だなぁ…という印象を受けると思います。今回のミュージックビデオは記事の中にある通り、「IMF」という単語が、鑑賞する時の1つのポイントになると思います。

韓国は1997年に通貨危機に陥り、国家が破たんしてしまうかもしれないといった重大な事態を経験したようです。その際に、IMF(国際通貨基金)から資金援助を受けました。

この大変な経済危機のことを「IMF」と呼ぶようになったようです。日本でいうと「バブル崩壊」というと、誰もがああ、あの時ね!と思い出すような感じなのではないかと想像しています。

実はスンウォン氏もこの「IMF」の時に、モデルの仕事が減って苦しい生活を強いられたようです。過去のインタビューで、俳優の道に入ったのは生活のため、というような話をしていたように、1997年、27歳のスンウォン氏はこの年からドラマや映画に出演し始めます。

<IMFや俳優業を始めた時の話は下記リンクからどうぞ>
☞[web記事] 男の視線もひきつける男「チャジュンマ」チャ・スンウォン
☞チャ・スンウォン氏ロッテ免税店オンラインマガジン2017年4月号


前置きが長くなってしまいましたが、今回のミュージックビデオはそんな1997年頃が舞台になっているようです。実際にスンウォン氏も経験した大変な時期に、夜逃げをしなければならなくなった父親役を熱演しています。

まずは恒例コマ送り劇場から…。


チャスンウォン
荷造りをするスンウォン氏。これから夜逃げです。。。

チャスンウォン
これからどうしよう、どうなるんだろう…。

チャスンウォン
目を閉じて悩みます。

チャスンウォン
先の見えない不安…。

チャスンウォン
資金繰りが苦しいからズボンも短い…いや、違う。あのー、背中が見えてますよ、スンウォン氏(笑)サービスカットなのでしょうか…。

チャスンウォン
荷物を持って外に停まっているトラックに向かうスンウォン氏。

チャスンウォン
荷台には二人の男の子。スンウォン氏は電話をしています。

チャスンウォン
この帽子、自前っぽい…(笑)

チャスンウォン
電話で話しながら助手席に向かうスンウォン氏。

チャスンウォン
トラックに乗り込みます。

チャスンウォン
この間に、荷台で子供が遊んでいたボールがトラックの外に転がっていき、1人がトラックから降りて追いかけていきます。

チャスンウォン
電話をしていて気がつかないスンウォン氏は、トラックを出すように運転手に伝えます。

チャスンウォン
荷台に残された子供は必死にスンウォン氏に呼びかけて、やっと気がついてトラックを停め、降りてくるスンウォン氏。

チャスンウォン
は?置いてきた?

チャスンウォン
大変だ!

チャスンウォン
子供を探すスンウォン氏。

チャスンウォン
探します。

チャスンウォン
さらに探します。

チャスンウォン
でも見つからない。スンウォン氏も夜逃げの最中だからウロウロしているわけにもいかない…。

チャスンウォン
どうしよう!!!


あとは動画でたっぷりとスンウォン氏の困惑の表情をご堪能ください。



関連記事

Comments 10

There are no comments yet.

sweetpixy  

管理人様。

おはようございます。

スンウォン氏の切ない、困惑した表情が胸に突き刺さりました。
こっちまで辛くなってしまうような感じです。
演技と多分ご自身の経験がオーバーラップしてしまうのでしようか?
ものすごくリアルな感じでしたね。

ちょっと朝からブルーですが、気を取り直して怪しいマジシャン(?)のスンウォン氏を
見たら、笑顔になりました。

色々な顔を見せてくれるスンウォン氏。
本当に大大大好きです♡

待ちに待った金曜日です!
今日は顔剃りに行ってきます。

寒暖の差があるので、どうぞお身体ご自愛くださいませ。

Have a nice weekend!

2017/11/10 (Fri) 08:29

みらい  

 圧巻のMV、ほとんど一編の映画みたい。台詞も最小限で俳優さんの表情だけと言っていいのに、登場人物の思いを受け止められた気がします。置き去りにされた子供役の演技もすごい。
 こういうスンウォン氏も見たい。

2017/11/10 (Fri) 21:37

管理人  


sweetpixyさん、コメントをありがとうございます。

切ないMVでしたね。追い立てられるように、今までの生活を捨てて立ち去るスンウォン氏の切羽詰まった表情が心に残りました。MVの設定はスンウォン氏も経験した、社会的に困難だった時代を背景としているようですので、より一層真に迫った演技だったように感じました。

シリアスな演技を見せてくれたスンウォン氏でしたが、マジシャン(?)のスンウォン氏との差はかなりありますね(笑)同一人物と思えないような演技の幅こそが、私たちを魅了してやまないスンウォン氏の大きな魅力だと思います。「本当に大大大好き」に私も一票!

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/11/10 (Fri) 23:50

管理人  


みらいさん、コメントをありがとうございます。

もうMVというよりは短編映画みたいでしたね。スンウォン氏の出演部分はわずか1分30秒くらい。その中で、置かれた状況や、子供を置き去りにしてしまった後悔や悲しみが見事に表現されていて、引き込まれてしまいました。演技力もすごいですが、役柄の理解力もすごいな、と思いました。

これからもいろいろな演技に挑戦するスンウォン氏が見たいです。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/11/10 (Fri) 23:51

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/11 (Sat) 07:53

管理人  


「あまりに切ないMVでした。」とコメントをくださった方、ありがとうございます。

演技だと分かっていても、スンウォン氏自身がまるで子供を失ってしまったように感じて、見ていた私も心が千々に乱れるような気持ちになりました。演技というのは演じる側の演技力だけでなく、見る側の経験や感受性、想像力によって、受け止め方も大きく違ってくるように思います。

今回はとても悲しいストーリーでしたが、スンウォン氏の演技に共鳴して演技を受け止め、さらには「スンウォン氏の、苦労を乗り越えて大きな成功を手にした姿に憧れ、勇気をもらえます」とまで書いてくださったことに心を打たれました。

苦労と努力を積み重ねて、今の地位にたどり着いたスンウォン氏が、演技というスンウォン氏にしかできないことで、多くの人の励みになるような作品を作りだしてほしいと願っています。

久しぶりのドラマの撮影が進んでいるようです。新たな役を思い切り楽しみながら演じて、私たちファンも大いに楽しんでいけたら、と思っています。

憧れ、励みになる人の存在は大きいですね。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/11/11 (Sat) 15:33

Like a child dreaming a sweet dream  

管理人様。
スンウォン氏の出演部分、1分30秒とは思えない過酷な物語でしたね。
このお父さんが男手ひとつで(お婆ちゃんはいるのですね)大事に子供を育てていたことが、最後にトラックに積み込んだ荷物が子供のオモチャだったことや、こんな状況でも不安そうな顔をしない兄弟の様子からわかります。
それなのに、いなくなった子供を探す時、お父さんは子供の名を叫ぶことができなかったんですね。親子ともよく知っている、家の近くの場所のはず。声を出せば子供には聞こえたかもしれない。でも、あの狭い路地で大声を出せば、周囲の家の窓全てに明かりが灯ってしまう。座り込んだお父さんの方が、迷子みたいでした。
子供を探すのをやめて立ち止まり、かと言ってトラックに戻ることもできずにその場にうずくまったお父さん。ためらいのような、怯えのような、哀切な表情。彼は、間も無く自分が子供を見捨てるという選択をすることを、多分知っている。

このお父さんは夜逃げをしたんだから、警察に届けることも、近くの養護施設を探し回ることもできなかったんですよね。迷子の男の子が笑っていてくれるのが、救いだなと思いました。
この男の子が居場所を持っていることや、それを支えるつながりを信じていることが、「beautiful」なのかなぁと思いました。

やっぱり俳優チャ・スンウォンは凄いですね。

2017/11/12 (Sun) 11:09

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/11/12 (Sun) 16:46

管理人  


Like a child dreaming sweet dreamさん、コメントをありがとうございます。

スンウォン氏のあまりの熱演に、何だかとても現実味を帯びた1分30秒のミュージックビデオに打ちのめされたような気分です。

細部にわたる「お父さんの気持ち」を綴ったコメントを読んで、だった90秒の間に起きた悲しみの別れの様子を再確認して、切ない気持ちになりました。そしてスンウォン氏が、見る人の心をここまで揺さぶる演技を披露したことに、改めて舌を巻く思いです。

声を出して子供を探すこともできず、残された時間もない。人生の選択がいくつも同時にやってきて座り込んだお父さん役のスンウォン氏が、まさに途方にくれた表情をしたのがとても印象に残りました。

見る人の心にまで不安や迷い、悲しみが押し迫るような演技というのは、なかなか味わえるものではありませんね。

今回、わずか90秒という短い時間の中で、ここまでズシリとくる演技を見せてくれたスンウォン氏の演技力が、新なる段階に進んだように思いました。

やはりスンウォン氏は、演技をすることが転職なのだと思います。ファンミーティングで見せてくれたように、悲しみから喜び、そして私たちが見たことも無いような演技の世界をこれからも見せて欲しい、と思ったミュージックビデオでした。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/11/13 (Mon) 00:59

管理人  


「スンウォン氏というより一人の父親に見えました。俳優としての力を感じます。」とコメントを下さった方、ありがとうございます。

本当に短いドラマでしたが、辛さや悲しみが痛いほど伝わってきました。おっしゃるように、通貨危機の時には、こんな出来事が実際に起きていたのかもしれませんね。

「国際市場で会いましょう」という映画をご覧になったことがあるとのこと、私はまだ見たことのない映画ですが、戦争の混乱で家族とはぐれてしまう話ということで、このミュージックビデオに通ずるものがありそうです。

スンウォン氏の出演は、子供とはぐれたところまでだったようですので、その後の父親というのは描かれなかったようです。けれども、強烈な悲しみの中にも、その後の父親と子供がお互いを探したのではないかという視聴者の想像力をかきたてる部分があり、余韻となって心に残るような気がしました。

スンウォン氏の演技が、いくつもの「その後」を作り出すようで、そこが俳優としての力を物語っているのでしょう。すごい、の一言に尽きます。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/11/13 (Mon) 01:01

コメントを書く/Comment