「チャ・スンウォン!」今週のまとめ記事(2017年10月5週/11月1週)


今週は、スンウォン氏がエル・スタイル・アワードと韓国大衆文化芸術賞を受賞という嬉しいニュースが続きました。2日連続での授賞式出席で、タキシード姿とグレーのスーツ姿のスンウォン氏を見ることができました。

伸びた髪の毛を後頭部でお団子にして、惚れ惚れするようなスタイルを見せてくれたスンウォン氏は、大変忙しい一週間を過ごしたようです。

今日の「チャ・スンウォン!今週のまとめ記事」は、記事にしなかった話題も含めて、拡大版でお送りします。

チャスンウォン 차승원
<今週の一枚>
授賞式のスンウォン氏。その輝かしい功績に大きな拍手を!


訃報


エル・スタイル・アワードの記事の中でも触れましたが、先月30日、スンウォン氏と同じ映画「毒戦」に出演予定だった、俳優のキム・ジュヒョク氏が交通事故のために45歳という短い生涯を閉じました。

「毒戦」でスンウォン氏と共演することになってから知った俳優さんでしたが、「毒戦」関連の記事や、キム・ジュヒョク氏のインタビュー記事などを読むうちに、演技が見てみたいと期待していた俳優さんでした。

突然の訃報に衝撃が広がり、連日ニュース記事が悲しみの話題を報じました。追悼のため、芸能関係のイベントの縮小が行われた結果、韓国大衆文化芸術賞の授賞式のレッドカーペット行事がキャンセルされました。

スンウォン氏は1日に、ソウル市内の病院に設置された遺体安置所を弔問しました。いくつかのニュース記事になりましたが、ブログの記事にする気持ちにはなれず、この場で静かに取り上げたいと思います。

チャスンウォン
弔問するスンウォン氏(スターデイリーニュース動画からのスクリーンショット)


スンウォン氏が授賞式のスピーチで、悲しみと混乱を表現していたように、同じ映画を作り上げていこうとしていた共演俳優が突然亡くなるというのは、大変ショッキングな出来事だったと思います。今週は受賞が重なり、嬉しくおめでたい週になるはずでしたが、スンウォン氏同様、悲しみが混じった複雑な思いを抱えた週でもありました。

「毒戦」は撮影が大詰めに来ているらしく、キム・ジュヒョク氏の出演部分はすでに撮り終えていたとの情報がありました。私が彼の演技を初めて見る作品が彼の遺作、というのは何とも悲しい話ですが、「毒戦」を楽しみにするもう一つの理由ができました。キム・ジュヒョク氏のご冥福を心からお祈りいたします。



「花遊記」情報いろいろ


ついに今日、「花遊記」の最後のキャスティングの孫悟空役が確定しました。前々から報じられていた、イ・スンギ氏の確定報道が出て、いよいよ本格スタートといったところでしょうか。ドラマの初放送日は12月23日という報道も出ていました。 

すでに撮影は始まっているようで、SNSにはエキストラの写真や、イ・ホンギ氏、スンウォン氏の撮影の様子までアップされていて、少しずつドラマの雰囲気が分かってきました。

エキストラの子役は、妖怪役(?)のようで、顔を白っぽく塗って、目の周りがほんのり赤いメイクの写真でした。印象としてはオバケのような感じです。イ・ホンギ氏はインスタグラムに「花遊記」のために金髪にした様子をアップしていました。猪八戒のイメージからは想像できない、イケメンスーパースター役になりそうですね。

イ・ホンギ 花遊記
イ・ホンギ氏インスタグラム(@skullhong12)より


そして今週は、ドラマの撮影をしていると思われるスンウォン氏の動画がアップされました。ネタバレになってしまうのかもしれませんし、あまりの衝撃の姿に、これも記事にするにはどうだろう…と思い、このまとめ記事でそっと衝撃の姿をシェアしたいと思います。

チャスンウォン 花遊記
インスタグラム(@junghun890)動画からのスクリーンショット


ス、スンウォン氏…?!いや、ウィリー・ウォンカ(*)???
(*)ウィリー・ウォンカは、ジョニー・デップ氏主演の「チャーリーとチョコレート工場」の配役名です。

ジョニー・デップ チャスンウォン
ジョニー・デップ氏扮するウィリー・ウォンカと、スンウォン氏のバスキン・ロビンスの広告


バスキン・ロビンスの広告までふと頭に浮かんできて、もう大混乱です。これって牛魔王のウ・フィチョルですよねぇ?スーツが似合うスーパーセレブ…ですよねぇ?怪しげなマジシャンとかじゃないですよねぇ?(笑)

このシーンは「花遊記」のどんなシーンなのでしょうね。左手に剣のようなものを持っているので、もしかすると白牛妖怪の扮装なのかもしれません。また新たな妄想(と少しばかりの不安)が湧き上がってきます。ウ・フィチョルって何者なのでしょうか。

ドラマのためにヒゲを剃るかもしれないと話していたスンウォン氏でしたが、今週の授賞式ではヒゲがありましたし、ドラマ撮影でもヒゲは健在のようです。安心しました。



その他もろもろ


スンウォン氏は10月30日に、Kポップの人気グループ、ワナワン(Wanna One)のミュージックビデオの撮影に参加したようです。ワナワンと笑顔で記念撮影をしたスンウォン氏は「カメオ出演」とのことで、どんな風に登場するのか楽しみです。ミュージックビデオは映画のように撮影されたという記事がありましたので、完成度も高そうで期待大です。

13日にワナワンのデビューアルバムが発売されるので、このタイミングでミュージックビデオを見ることができるかもしれません。


10月9日から、「読者投票!あなたの一番好きなスンウォン氏の作品は?」の投票企画を実施しました。10月いっぱいで投票を締め切り、多くの方にご参加いただきました。ありがとうございます。集計作業に入ろうと思った矢先にスンウォン氏の授賞式が重なり、怒涛の忙しさに突入してしまいました。

大変興味深い結果と、作品へのメッセージをたくさんいただきましたので、余すところなくみなさんにお伝えできるように、結果報告の記事を作ります。少しお時間をいただければと思っています。結果発表をどうぞお楽しみに♪


今週は久しぶりにスンウォン氏の話題があふれた一週間でした。ドラマの撮影も進んでいるようですし、スンウォン氏には風邪などひかずにウ・フィチョルを楽しんで演じてほしいと願っています。あの写真が何だったのか、種明かしはもう少し先のようです。

いつもより少し長めの「今週のまとめ記事」はいかがでしたか。話題が無くて、まとめ記事を書くのに苦労することが多い中で、ブログ記事にできなかった話題を取り上げたり、ちょっとした情報をシェアしたりするのに便利な場所だと気がつきました。これから先もこんな風に、スンウォン氏の小ネタ(撮影中の写真は”大ネタ”でしたが…笑)をここで取り上げていけたらと思っています。

今週もたくさんの方にご訪問いただき、ありがとうございました。スンウォン氏の話題に囲まれながら、良い週末をお過ごしください。


今週の記事のまとめです。

▶10月30日 [web記事]「大衆文化芸術賞」チャ・スンウォン、キム・ミファ、大統領表彰…ナムグン・ミン、パク・ボゴム文化体育観光部表彰
▶11月1日 [web記事]「光栄なワンカット」チャ・スンウォン × ワナワン、ミュージックビデオ撮影の認証ショット
▶11月1日 チャ・スンウォン氏受賞「エル・スタイル・アワード」生中継情報
▶11月2日 [web記事]チャ・スンウォン、「追いつける者のいないカリスマ」
▶11月2日 チャ・スンウォン氏エル・スタイル・アワード特設ギャラリー
▶11月3日 チャ・スンウォン氏受賞「韓国大衆文化芸術賞」中継情報
▶11月3日 [web記事]チャ・スンウォン「大統領表彰を受賞しました」
▶11月3日 チャ・スンウォン氏「2017韓国大衆文化芸術賞」授賞式写真
▶11月3日 [web記事]チャ・スンウォン、大衆芸術賞大統領表彰受賞…「最近、嬉しいことと悲しいこと、混乱」
▶11月4日 授賞式のスンウォン氏を見逃したあなたへ…授賞式ダイジェスト!

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

sweetpixy  

管理人様。

おはようございます。

スンウォン氏にとって、嬉しい事と悲しい事が入り混じった1週間でしたね。

なにはともあれ二つの受賞、本当におめでとうございました。
韓国のウィリー・ウォンカですか?
はい、衝撃の一枚です。
なんだか想像と違うぞ。うーん、なんだろう????

管理人様の言うように、怪しいマジシャンに見えてしょうがないです。

でも、怪しいマジシャンに見えようが、我らがスンウォン氏のドラマ&映画を
首をながーくして待っています。

今週もよろしくお願いいたします。

Have a great week!

2017/11/06 (Mon) 08:30

管理人  


sweetpixyさん、コメントをありがとうございます。

受賞ウィークが過ぎて、トロフィーを持ったスンウォン氏のことを思い出しながら、輝かしい受賞歴に新たに2つも賞が加わったことを本当に嬉しく思っています。

衝撃の一枚は、かなりの衝撃でした(笑)妄想上の牛魔王とは何だか大きく違っているようなのですが…。「最高の愛」ではトッコが時代劇の扮装をした劇中劇のサービスシーンがありましたので、あの衝撃の一枚も、回想シーンとかの特別なシーンだったのではないか…と思いたいです。

誰もがうらやむセレブが、おかっぱのシルクハット…ってことはないですよねぇ…(不安)衝撃の一枚ではありましたが、これでさらに「花遊記」が楽しみになってきました。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/11/06 (Mon) 23:11

みらい  

 まさかの写真。まさか。
 韓国ドラマを見ていて、ときどき、やっぱり国民性の違いがあるなぁと思うときがあります。これも、その一つか?
 ヘアスタイルだけでも、なんとかならないかな。雑誌のときみたいに、左側の前髪が少し顔のかかってくるような感じが好みなのですが。

2017/11/07 (Tue) 20:54

管理人  


みらいさん、コメントをありがとうございます。

まさか、の写真は、きっと特別なシーンを撮影している時のものだったと思う(思いたい)ので、私は笑って流しました。国民性の違いというよりは、笑いのツボの違い、といった感じでしょうか。劇中劇とか、妄想シーンとか(?)そんなのだったら、本放送で大笑いできそうですが、「登場人物プロフィール」の写真がアレだったら…その時はみらいさん、一緒に泣きましょう(笑)

結構な支離滅裂キャラだったトッコ・ジンですら、最後には視聴者の心をとりこにしたことを考えると、ホン姉妹は何か新たな仕掛けを準備しているのだと思います。いや、そう思いたい。

謎が謎を呼びますね。早くウ・フィチョルに会いたくてたまりません。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/11/07 (Tue) 23:46

コメントを書く/Comment