[web記事]チャ・スンウォン、大衆芸術賞大統領表彰受賞…「最近、嬉しいことと悲しいこと、混乱」


チャスンウォン


俳優チャ・スンウォンが、2017韓国大衆文化芸術賞大統領表彰を受けた。

チャ・スンウォンは3日、ソウル中区、国立劇場ヘオルム劇場で、2017韓国大衆文化芸術賞授賞式で、大統領表彰の栄誉を享受した。

チャ・スンウォンは「このように大きな賞には資格と功績が必要だが、いずれも満たしていない状態で受けることになり、恥ずかしい。ここ数日、嬉しいことや悲しいことが混在して混乱しているが、皆さんの未来にはいつも良い事だけがいっぱいあることを願う。家にいる私の家族と相談してこの栄光を共にします。」と所感を伝えた。

この日、チャ・スンウォン以外にも俳優キム・サンジュン、ソン・ヒョンジュ、歌手バニーガールズ、声優ヤン・ジヌン、作詞家ハ・ジヨン、コメディアンのキム・ミファが大統領表彰の栄誉を享受した。

(ビズエンターの記事を翻訳しました)

*この記事はビズエンターのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

授賞式の模様は、日が変わって4日の0時からインターネットで放送されるようです。一足早く、報道記事でスンウォン氏のスピーチ内容が分かりました。

短い内容ながら、スンウォン氏の気持ちが全て入っているように思いました。冒頭の謙遜はスピーチのお決まりの型、とでもいうのでしょうか。大統領表彰という素晴らしい賞に選ばれたからには、スンウォン氏には十分な資格があり、その功績を評価されたからこその受賞だと思います。

押しも押されぬスターになった今、謙虚な気持ちを忘れずに、会場に向けてスピーチするスンウォン氏の実直さが伝わってきます。

スンウォン氏と同じ映画「毒戦」に出演する、キム・ジュヒョク氏の突然の訃報のあと、エル・スタイル・アワーズ受賞、今日の韓国大衆文化芸術賞大統領表彰と、悲しみと喜びの両極端というような出来事がスンウォン氏を取り巻いています。

共演俳優の死と、自らの俳優人生を彩る、記念すべき受賞。スンウォン氏にとって、二つの事実を同時に受け止めるのはやはり「混乱」することなのだ、とヒリヒリするような思いに襲われました。

それでも「皆さん」(きっと私たちも含まれるはず)の未来には良いことだけがあるようにと願うスンウォン氏の言葉に、あのスンウォン氏の優しい重低音の声が聞こえてくるようで、胸がいっぱいになりました。

栄誉ある受賞の喜びは、ご家族と分かち合うようですね。スンウォン氏が若い頃から活躍を続けてきたのには、スンウォン氏がいつも大切にしているご家族の存在が大きいと思います。海を隔てた私たち日本のファンも、スンウォン氏の活躍と素晴らしい賞の受賞を心から喜び、スンウォン氏の未来が喜びに満ちたものになるようにと願っています。

お祭り騒ぎをするような授賞式にはなりませんでしたが、静かに受賞の喜びを分かち合いたいと思います。

スンウォン氏、受賞の喜びをありがとう。そして、おめでとうございます。

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

みらい  

 人としてよく生きること、その中に日々の務めをきちんと行っていくことがあり、よく生きる人は日々自分のしたこと、しなかったことを見つめているのだなぁと思います。
 左ポケットのチーフがウサギの耳みたいでかわいいな、と見つつ、「素敵だな、見た目も中身も。」と何度目かの惚れ直し。

2017/11/05 (Sun) 13:56

管理人  


みらいさん、コメントをありがとうございます。

他人の人生を演じたり、架空の人物を演じたり、「俳優」というとかく華やかな職業にあっても、目標は「人としてよく生きること」というスンウォン氏。ファンや視聴者やメディア、さらにはギョーカイの人たちに囲まれた世界にいながら、静かに「自己」を見つめているのでしょうね。素敵な人です。

授賞式が続き、すっかり舞い上がっててんてこ舞いの週末でした。みらいさんのコメントを読んで、心地よい風に当たったような、ホッとした気分になりました。

スンウォン氏の胸ポケットにコッソリ入って授賞式に行く時には、耳が見えないようにしないと…(笑)

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/11/05 (Sun) 21:43

コメントを書く/Comment