チャ・スンウォン氏受賞「韓国大衆文化芸術賞」中継情報

追記:再放送の視聴ができるようになりました。
スンウォン氏の受賞シーンは1時間9分25秒から、スピーチは1時間15分40秒からお楽しみいただけます♪

韓国大衆文化芸術賞


今日、11月3日の16時から、スンウォン氏の受賞が予定されている「2017韓国大衆文化芸術賞」の授賞式が行われます。

生中継は行われないようですが、今夜12時から、授賞式の様子をV LIVEで見ることができるようです。

インターネットでの生中継ですので、昨日行われた「エル・スタイル・アワード」と同じく、日本からも楽しむことができます。V LIVEのホームページにはすでに専用ページが用意されていますので、ご紹介します。放送は真夜中、11月4日の0時から始まります。

VLIVE

スマホからアクセスする方は下記のリンクから、
http://m.vlive.tv/video/46492

パソコンからアクセスする方は下記のリンクからお楽しみください。
http://www.vlive.tv/video/46492

※スマホからアクセスする場合は、そのままでも視聴できますし、専用アプリをダウンロードすることも可能です。アプリのダウンロードは各自の責任のもとに行ってください。

放送終了後、数日経つと、同じリンクで録画放送を見ることができます。当日見逃した方も是非お楽しみください。

スンウォン氏は会場入りしたようですので、放送で受賞の様子を見ることができそうです。

チャスンウォン
写真は日刊スポーツの記事より。スンウォン氏と俳優ソン・ヒョンジュ氏


関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

Like a child dreaming a sweet dream  

管理人様。
再放送のお知らせありがとうございます。見ることが出来ましたm(_ _)m。
文化勲章の表彰の文言に、「大韓民国憲法によって」みたいなことが。憲法に裏付けられた賞なんですね。ある年代以上の受賞者の方々の言葉に、韓国の芸能関係の仕事をすることの大変さがにじみ出ている気がして、なんだか胸が詰まりました。

モデルのイ・ソンジンさんという方が文化体育観光部長官表彰をを受けたとき、観客席のスンウォン氏は目を閉じ、祈るように両手を組み合わせました。彼女の経歴紹介を聞くと、スンウォン氏より6年後にモデルを始めた方でした。迷いながらの困難な道だったことを語る彼女のスピーチを、スンウォン氏はどんな思いで聞いているのだろう、と思いました。

文化体育観光部長官がこの賞の趣旨について、「全ての大衆文化芸術人たちが高い自負心を持って力を発揮できるように」みたいなことを仰ってました。どなたかのスピーチの中の「ブラックリスト」という言葉から、社会に何らかのバイアスがかかった時期もあったのかなと。全く知識がないのですが、困難な時代を想像したりもします。公的に自分の仕事が認められるのは嬉しいことだし、仕事に誇りと気概を持てるのは幸せなことだと思いました。

うっかり全部見ちゃいました。スンウォン氏以外は誰一人存じ上げませんが、良い授賞式でした。言うまでもなくスンウォン氏は素敵でした。ますますのご活躍をお祈りします。
すみません、また長いです(^_^;)。管理人様、いつもありがとうございます。

2017/11/08 (Wed) 19:30

管理人  


Like a child dreaming a sweet dreamさん、コメントをありがとうございます。

V LIVEの良いところは、生中継のあと、しばらくすると再視聴が可能になるというところです。再放送でスンウォン氏の晴れ姿を楽しまれたようでよかったです。

「大統領表彰」ということで、受賞のニュースを聞いた時は、実際に大統領から?!と色めき立ってしまいました。日本にも「総理大臣賞」といったたぐいの賞があるように、国家から与えられる権威ある賞のようですね。

最近活躍している俳優や歌手以外は、私もほとんど存じ上げない方ばかりでしたが、長年の苦労が報われた方々の受賞を会場全体が祝う、良い授賞式だったと思います。

過去に出演禁止のブラックリストの存在について言及して、裁判沙汰になり、活動を制約されたキム・ミファ氏の受賞は、メディア記事でも大きく取り上げられていました。現代にもこんな圧力があるのかと驚くとともに、苦境を乗り越えての受賞は、彼女にとっても芸能界全体の風潮にとっても良いことだったのではないかと思いました。

再視聴が可能になったことで、スンウォン氏の受賞のシーンやスピーチが何度も見られるようになりました。謙虚でコンパクトなスピーチを行ったスンウォン氏には、もう少しいろいろと語って欲しかった気もしますが、短いながらも要点を押さえた洗練されたスピーチでした。

今までの実績が評価されるというのは、大変嬉しいことです。壇上のスンウォン氏を眺めて「良かったね~」とつぶやきながら、ひとり胸を熱くした授賞式でした。ドラマ開始を前に、嬉しい弾みがつきましたね。今後の活躍が期待されます。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/11/09 (Thu) 00:33

コメントを書く/Comment