[web記事]「花遊記」チャ・スンウォン、オ・ヨンソ、イエル、イ・セヨン…ラインナップ発表


チャスンウォン オ・ヨンソ イエル イ・ホンギ イ・セヨン 花遊記


「花遊記」が俳優のラインナップを公開した。

ケーブルチャンネルtvNの週末ドラマ「花遊記」(脚本ホン・ジョンウン、ホン・ミラン、演出パク・ホンギュン)にブランド俳優たちが出演を決めた。「花遊記」は古代の小説「西遊記」をモチーフに、退廃的悪童妖怪の孫悟空と、上品でジェントルな妖怪牛魔王が暗い世の中で光を探す旅を描いた作品である。暗い世の中で光を向けて旅を描いた絶対ロマンス退魔劇である。

先立って、牛魔王ウ・フィチョル役にチャ・スンウォン、三蔵法師チン・ソンミ役にオ・ヨンソ、猪八戒ピーケイ(P.K)役にイ・ホンギが出演を確定して熱い関心を集めた。制作陣は「『花遊記』はさまざまなキャラクターで重武装した作品である。俳優たちのブランド演技と、様々なキャラクターが生きて呼吸する特別なドラマをお目見得させようとしている」と明らかにした。「花遊記」を期待するしかないラインナップを公開する。


▼視聴率人気俳優イエル、イ・セヨン出演確定

まず、視聴率人気俳優イエル、イ・セヨンが「花遊記」に出演を確定した。格別なカリスマを持つ俳優イエルは、牛魔王ウ・フィチョルが会長を務めている国内最大手エンターテインメント会社ルシファー企画で会長を補佐する秘書マ・ジヨン役で出演を確定、活躍を予告した。

俳優のイ・セヨンは三蔵の血で目を覚ましたが、腐っていく身体のため熱心に管理する可愛いゾンビ女性を演じる。他の作品で見ることができないゾンビ女性という独特なキャラクターと、イ・セヨンの演技への挑戦が期待を集めている。


▼チャン・グァン × ソン・ジル × キム・ソンオ × ソン・ジョンホ…演技の能力に期待

演技派俳優たちも大挙出演する。まずチャン・グァンは沙悟浄で、財界1位の大手企業の会長であるユン・デシクの役を演じる。チャン・グァンが演じる沙悟浄は、大企業の会長だが、孫悟空兄さんに仕える至れり尽くせりの末っ子妖怪というギャップのある姿を持っている。

ソン・ジルは孫悟空に道術を伝授してくれた師匠であり、神界の意志を人間界に伝えるとぼけた仙人、須菩提(すぼだい)役に、キム・ソンオは、三蔵法師チン・ソンミが代表であるハンビッ不動産の職員として登場して、内面の演技を披露する。

また、俳優のソン・ジョンホは、韓国最高の権力者になることを夢見る検事カン・デソンとして登場して、確かな演技力を見せる見通しである。


▼ソンヒョク × マイケル・リー × カル・ソウォン…次世代スター

弾けるキャラクターでドラマに活力を吹き込むスターたちも出演する。まず俳優ソンヒョクは、トン・チャングン役を演じる。ソンヒョクが演技するトン・チャングンは公園のアイスクリーム屋の社長で、落ち着いて正直な性格の持ち主である。トン・チャングンは孫悟空の話し相手になって、助っ人として活躍する。

ドラマに初挑戦する次世代スターたちも合流した。人気ミュージカル俳優のマイケル・リーは、三蔵法師チン・ソンミの初恋の相手であり、公演制作企画会社の取締役ジョナサンを演じる。

ラッパーのONE(ワン)は、「花遊記」を通して初の演技に挑戦する。「花遊記」でONEは、小間物を行商する女性の孫の、若い青年役を演じる。

また、オ・ヨンソが演じる三蔵法師チン・ソンミの子役には、格別な演技力で親しまれている子役スター、カル・ソウォンが活躍する予定である。

「花遊記」は12月中に初放送される予定である。

(マイデイリーの記事を翻訳しました)

*この記事はマイデイリーのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

ちょうど一週間前に、☞スンウォン氏出演「花遊記」のキャスティングがすごいことになっている件 という記事を発信しました。出演確定から検討中のものまで織り交ぜてご紹介しましたが、今週になって急ピッチでキャスティングが確定しているようです。

今回の記事で、多くの俳優さんたちが「出演確定」となり、役柄の説明も少しずつ詳しいものが出てきました。中には当初報じられていた役柄とは少し異なる役を演じる俳優さんもいるようです。

中でも、ゾンビ女性を演じるイ・セヨン氏のニュースが大きく取り上げられていました。「花遊記」はいわば妖怪物ドラマでもあるので、ゾンビも出てきてしまうんですね。身体が腐ってしまうというゾンビならでは(?)のお悩みを抱えたお年頃のゾンビ役をホン姉妹がキュートに描きそうで楽しみです。

記事には出てきませんでしたが、スンウォン氏演じる牛魔王の初恋の人の役、ということで、少し前にチュ・ジャヒョン氏の名前が挙がっていました。今週になってチュ・ジャヒョン氏のおめでたが報道され、「花遊記」への出演は取りやめになったようです。

報道の中で、「カメオ出演する予定だった」というのと、「ドラマの中でワイヤーを使ったシーンがあるため」という情報がありました。想像するに、回想シーンなどの短いシーンに出演する予定だったのでは…と思うのですが、ワイヤーを使うということは何らかのアクションシーンが予定されていたのでしょうか?牛魔王も妖怪ですから、初恋の人も妖怪で、戦ったりするシーンがあるのでしょうか。

チュ・ジャヒョン氏の降板に伴い、牛魔王の初恋の人の役にはキム・ジス氏の名前が挙がっているようです。「肯定的に検討中」ということで、次回のキャスト確定の報道に名前を連ねるかもしれません。

孫悟空役についても、依然イ・スンギ氏の名前が挙がったままになっています。月末まで軍務中ということで、お仕事関係の報道ができないといった事情があるようです。

「花遊記」の撮影は既に始まっているようですが、中心人物の一人である孫悟空役が撮影に参加できないということで、撮影日程を確保するために、tvNでは現在放送中の土日ドラマ「ピョン・ヒョクの愛」の放送が終了したあと、短いドラマシリーズを放送し、それが終了した後に「花遊記」が始まる予定になっているようです。

キャスティングのXデーは今月末になりそうですね。全キャストが決定すれば、また大きく報じられるでしょうし、あとは12月の放送に向けてまっしぐらですね。出演が決定したキャストの顔と名前を覚えながら、楽しみに「花遊記」の続報を待ちたいと思います。

今回出演確定したキャストも含め、キャスト一覧を作ってみました。写真選びが大変でしたが、スンウォン氏を筆頭に「花遊記」に登場する一人一人の俳優さんをまとめているうちに、何となく「花遊記」の雰囲気が見えてきたように思います。豪華キャストで個性的な役がいっぱいで面白くなりそうです!


チャスンウォン オ・ヨンソ イ・スンギ 花遊記 キャスト


関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

みらい  

オ・ヨンソさんが美しすぎて心配。ヒロインが欠点の無いような人だと、スンウォン氏と完璧なカップルになってしまって想像でも間に入り込めなくなるのでは、と心配(って自分が楽しめないのでは、という心配)。ドラマを見る前から何を心配しているんだろうか。

2017/10/31 (Tue) 21:01

管理人  


みらいさん、コメントをありがとうございます。

ああ、つぶやいてしまいましたね(笑) 私も報道記事のオ・ヨンソさんの写真を見て、きれいな女優さんだ…と「心配」しておりました。

唯一の救いは、ホン姉妹が描く彼女のキャラクターは、性格的に難ありな感じの雰囲気が漂っていることです。天はニ物を与えず。となると、牛魔王も何か隠れたビックリポイントがあるんじゃないかと、それもまた「心配」です…。心配がつきませんねぇ。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/11/01 (Wed) 00:35

コメントを書く/Comment