[web記事]ひげがよく似合うスター6


チャスンウォン キム・ナムギル リュ・スンボム


今は各自の個性が重要視される時である。依然としてトレンドは存在するが、これからは事実上の個性がトレンドである。それに応じて、奇抜なファッションやヘアスタイルで自分だけの個性をあらわす。男たちの特権であるひげもそのひとつ。今回はひげがよく似合うスター6人を集めた。

#チャ・スンウォン
チャスンウォン 차승원


ひげというと、真っ先に思い浮かぶスター、チャ・スンウォン。彼のひげはもうトレードマークである。特有の濃い口ひげとあごひげが続いて文字の「牛(管理人註:ハングルのソ「소」の字)」のような形を作るのはずいぶん前から有名だった。

tvNのバラエティー番組「三食ごはん」に出演し、「チャジュンマ」というニックネームを獲得したりもしたが、彼のひげは依然として彼が一番素敵な男性の一人ということを如実に表わしている。


#キム・ナムギル
キム・ナムギル


最近、tvNのドラマ「名不虚伝」で熱演中のキム・ナムギル。彼も口ひげがとてもよく似合う俳優である。SBSドラマ「赤と黒」で見せてくれた彼の姿は致命的そのもの。KBSドラマ「サメ ~愛の黙示録~」でも特有の口ひげで彼ならではの雰囲気を演出した。「名不虚伝」では、朝鮮時代から来た医員ホ・イム役を担ったが、ひげが当然だった時代の人が全然ぎこちなくない。


#ハ・ジョンウ
ハ・ジョンウ


男前のアイコン、ハ・ジョンウ。彼の何気なく育った真っ黒なひげは、彼の男性性を表わしている。ひげなしですっきりしている時に見えるソフトなイメージも彼に似合う。写真家としても活躍中の彼は、ひげが育ったらなぜか自由に見える姿が加わり、完璧なアーティストとしての容貌を見せてくれる。


#リュ・スンリョン
リュ・スンリョン


俳優のリュ・スンリョンはとても素敵なひげを持った。韓国人には見られない豊かなひげである。お陰で少しだけ長くても彼ならではの強い印象と調和して、男前の姿を噴き出している。リュ・スンリョンが確実に注目を集めた映画「僕の妻のすべて」での姿が似合っていたのも彼のひげのおかげである。


#チャン・ヒョク
チャン・ヒョク

チャ・スンウォンとともに、ひげを描かなければならないようなスター、チャン・ヒョク。彼はもう、ひげのない姿がさらにぎこちないほどである。今年初めに放映したOCNのドラマ「ボイス」で熱血刑事ム・ジニョク役を演じて、彼のひげのおかげで配役によりなじんでいた。


#リュ・スンボム
リュ・スンボム


自他共に認める韓国最高のファッションリーダー、リュ・スンボム。現在フランスで生活しているリュ・スンボムはいつも自由な姿を見せる。デビュー当初の姿はひげがなく、すっきりとした外観を維持していたが、ある瞬間から彼もひげがある姿がはるかに素敵な俳優になった。長髪とひげが一番よく似合うスターである。

(WOWTVの記事を翻訳しました)

*この記事はWOWTVのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。


------------管理人のつぶやき------------

先月末のニュース記事なのですが、翻訳しそびれて時間が経ってしまいました。韓国は秋夕(チュソク)の連休中なので、予想通りスンウォン氏のニュースがほとんどなく、ふとこの記事のことを思い出して翻訳してみました。

「ひげがよく似合うスター」ということで、筆頭にスンウォン氏の名前が挙がっているのが嬉しいですね。6人の俳優さんはいずれも実力も見た目も兼ね揃えた雰囲気ある俳優さんばかりです。

スンウォン氏と映画「シークレット」で共演したリュ・スンリョン氏の名前も挙がっていました。実はこの2人、1970年生まれで同い年なのです。落ち着いた雰囲気から、リュ・スンリョン氏の方が年上なのかな…と思っていたので、同い年というのはちょっと意外な気がしました。俳優さんの年齢は分からないものですね(笑)

俳優さんは役によって、身体を鍛えたり、体重も増減したり、何よりも役のオーラのようなものが出てくるので、年齢不詳だと感じることが多いです。

6人のスターのうち、リュ・スンボム氏のことについてよく知らず、記事の写真を見て、彼が最年長なのかなぁ、と思っていたところ、スンウォン氏より10歳も若い37歳だということが分かりました。いやー、本当に俳優さんの年齢は分からないものです。

となると、この中での最年長はスンウォン氏?(リュ・スンリョン氏は11月生まれ)年齢を重ねるごとに少し若返ったりするスンウォン氏を見ていると、俳優、いや妖怪?…いや牛魔王だしなぁ、とその美しさにため息が出るのでした。

スンウォン氏の背中にはきっと「モデルスイッチ」とか「俳優スイッチ」がついている気がします。

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

くむちょん  

管理人様、こんにちは。
ヒゲ、で真っ先に思い出されるスンウォン氏、と言うのがとても嬉しくなる記事ですね!

この記事を読んでふと、昔のことを思い出しました。

そういえば私、ヒゲ、嫌いだったなぁ〜(爆)。

『ヒゲの男って口元がまんま下ネタだからなんかイヤだなぁ〜』ってよく話してました(¯―¯٥)
何となく、いやらしく見えてたんですよね。

下ネタ6割、妄想3割、他で1割。
職場や友達にそんなふうに言われてる私がナニが『口元が下ネタでいや〜』なんだかわかんないんですが、確かに昔はヒゲが苦手でした。

なのに気づけば今やヒゲスン氏に夢中♥
本当に素敵なおひげです。
ん?おひげのスンウォン氏が素敵なのか!
確かにその濃さは独特ですね。角度もスンウォン氏らしい角度と言うか。
ちっちゃくなって『ひゃっほ〜』っておひげのすべり台で遊びたいです。
遊びすぎてスンウォン氏のあの指でつままれて、手のひらにのっけられて『こら!』っておなかのあたりつっつかれたいです♥
にやにやしてるスンウォン氏につっつかれてみたいです♥

愛のあるにやにやお叱り!最高ですっ!

管理人様。いつもいつも翻訳、お疲れ様でした♥

2017/10/07 (Sat) 16:07

管理人  


くむちょんさん、コメントをありがとうございます。

ヒゲのあるスンウォン氏と無いスンウォン氏、私は断然ヒゲあり派です。

そうは言うものの、くむちょんさんの「ヒゲが苦手でした」という発言を読んで、そういえば私もヒゲがいいなぁ、と思うようになったのは最近のことだと気付きました。子供の頃はヒゲの男性が怖かったような記憶があるし、若い頃はヒゲなんて全く興味がありませんでした。

ヒゲの良さはきっと、成熟した大人にしか分からないのでしょうねー。スンウォン氏みたいなヒゲがかっこいい人に出会ったからこそ、ヒゲの良さに気付いたのかもしれません。「三食ごはんコチャン編」では、はさみでヒゲの手入れするスンウォン氏の姿が見られました。素敵なヒゲはスンウォン氏が細心の注意を払ってお手入れしているからこそのものなのですね。

おヒゲのすべり台で遊んでいるうちに、間違って鼻に突入して、大きなクシャミとともにピョーンと飛ばされて…ああ、妄想失敗(笑)

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/10/08 (Sun) 00:54

コメントを書く/Comment