YGのドラマ制作とチャ・スンウォン氏の新作ドラマ


チャスンウォン コン・ヒョジン 最高の愛


先週のファンミーティングで、スンウォン氏の口から新ドラマの発表がありました。ドラマはドラマでも「ラブコメ」だそうで、どこからともなく「最高の愛」のテーマソングが聞こえてくるような気がします。

報道によれば新ドラマの脚本には、「最高の愛」でおなじみのホン姉妹の名前が挙がっているとか。時を同じくして、スンウォン氏の所属事務所のYGも、ドラマやバラエティーの制作に向けて着々と準備を進めているようです。

事務所の動きとスンウォン氏の新作ドラマが、関係してくるのか…。続報から目が離せません。


[web記事]YG、ドラマ制作本格化?…パク・ホンギュンPD迎え入れ推進
2017.4.26 イーデイリー

チャスンウォン コン・ヒョジン 最高の愛


YGエンターテインメントがドラマ制作を本格化する見通しである。

26日、放送業界関係者によると、パク・ホンギュンMBC PDは先週、会社側に辞表を提出し、現在退社手続きを踏んでいている。パクPDは、YGドラマ部門のトップとしての招聘の提案を受けた。今年初め、YGに移籍したMBC芸能局出身のチョ・ソユンPDが、芸能部門を率いている。

パクPDは、MBCドラマ「ニューハート(2007)」、「善徳女王(2009)」、「最高の愛(2011)」、「幸せのレシピ~愛言葉はメンドロントット(2015)」などを演出したスタードラマPDである。YG所属の俳優のチャ・スンウォンと格別な縁を誇る。チャ・スンウォンは、パクPDの演出作「最高の愛」の主演を引き受け、当時、大きな人気を得た。YGの迎え入れの提案の背景に、チャ・スンウォンと親交が作用した可能性もある。

特にチャ・スンウォンは、作家ホン・ジョンウン、ホン・ミラン(別名ホン姉妹)の新作で、下半期、テレビへの復帰を準備していることが分かった。パクPDが演出として挙がっている。ホン姉妹はこれまで、ドラマ制作会社ボンファクトリーと一緒にやってきたが、新作はスタジオドラゴンと手を組むことが分かった。

YGは最近、コンテンツ領域に領域を拡張している。昨年SBSのバラエティー「Flower Crew」を共同制作して、SBSドラマ「歩歩驚心:麗(邦題:麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~)」制作に投資の形で参加した。今年は、主導的に制作に乗り出す。始まりはバラエティーである可能性が高い。チョPDを含め、MBCのチェ・ヨンジェ、キム・ミンジョンPD、Mnetのパク・ジュンス、イ・サンユン、チェ・ヒョジンPD、tvNのユ・ソンモPDなど、スターバラエティーPDがYGに巣を作った。Mnetを退社した後、独立制作会社の設立を模索していたハン・ドンチョルPDもYG行きで固まった模様である。

(イーデイリーの記事を翻訳しました)

*この記事はイーデイリーのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

YGと言えばミュージシャン専門の所属事務所、というのはもう昔の話になってしまいました。スンウォン氏の移籍を始め、有名な俳優さんたちが続々と契約を結び、今やYGは俳優の所属事務所として躍進を続けています。

ミュージシャンや俳優だけでなく、番組のプロデューサーたちも続々とYGの門をくぐっているようです。「最高の愛」のプロデューサーを務めた、パク・ホンギュンPDがドラマ部門にやってくるようです。

ちょうどスンウォン氏がファンミーティングで新ドラマの発表をしたところで、脚本はホン姉妹らしい、という報道が出て、さらに「最高の愛」のプロデューサーまでがYGに移籍となると、期待が高まりますね。「最高の愛」のチームで、再びロマコメ…。しかもスンウォン氏はバンパイア役…♡これはもう運命です。ここまで来たら、相手役はまたコン・ヒョジンさんでもいいのではないかとさえ思えてきます。

スンウォン氏の演技力は言うまでもありませんが、ドラマがヒットするには俳優の他にも脚本、演出の力が不可欠です。2011年の「最高の愛」の放送当時、スンウォン氏が一大ブームを巻き起こしたことを考えると、今度のドラマもバンパイアのスンウォン氏が空前のバンパイアブームを巻き起こしてくれそうで、今からドキドキしています。

チャジュンマ、チャクァンヘ(チャ光海)ときたので、次はチャバン(チャ+バンパイア?)ですかね…(笑)

私たちの心にガップリと噛みつくようなバンパイアが見たいものです。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment