「チャ・スンウォン!」今週のまとめ記事(2017年4月3週)


いよいよファンミーティングまであと1週間となりました。一足早く、会場に下見に行き、当日の様子を想像しながら周辺を歩いてきました。駅から少し離れた会場ですので、参加されるみなさんが迷うことなく到着できるように、記事を参考にしていただけると嬉しいです。

オフィシャルグッズ販売について、新たな情報が公開されました。楽しいファンミーティングの記念に、スンウォン氏のグッズも待っています。

チャスンウォン
<今週の一枚>
あなたに会いに行きます♡


あと一週間でスンウォン氏に会えますね。毎週土曜日恒例の「今週のまとめ記事」は来週はどうしようかと考えたりしながら、意外にも落ち着いた”一週間前”を過ごしています。ファンミーティングに向けていろいろ思うこともあり、今日はそんな「いろいろ」を綴っていきたいと思います。


ファンミーティング3回目は「危機感」


私は今回のファンミーティングが3回目の参加となります。初めてのファンミーティングは、何もかもが初めてで、ファンミーティングとは何をやるものなのかも分からず参加して、生のスンウォン氏を見て大感激、会場の熱気に驚き、記憶もあいまいになるほど興奮して帰ってきました。

2回目のファンミーティングは、バレンタインデーという特別な日に来日してくれたスンウォン氏が、本当に嬉しそうにステージの上で笑顔を見せてくれたことが心に残りました。ブログ開設を控えていた私に、大いなるパワーを充電してもらいました。

そして今年。ファン歴が長くなってきたこともあってか、”ファンに囲まれるスンウォン氏を見守る幸せ”という気持ちが強くなってきたように思います。日本のファンが変わることなくスンウォン氏を応援し続け、スンウォン氏がその応援に応えるようにファンミーティングを開催することを、これまでにない喜びとともに受け止めています。

チケットの一般発売は、予定では来週水曜日まで行われるようです。まだ、座席に余裕があるようですので、最後の追い込みで少しでも座席が埋まるように願っています。

今回のファンミーティングの座席がどのくらい埋まるのか。

スンウォン氏に会えればそれでよいという考え方もあると思いますが、会場の埋まり具合は私たちファンにとって、とても身近で重大な問題でもあるのです。

ファンミーティングは俳優とファンとの交流イベントです。しかしそのイベントも、商業ベースのイベントであることに変わりはありません。「今回のファンミにどのくらいのファンが集まるかによって、今後のスンウォン氏の日本での活動も決まる」と言っても過言ではないのです。

酷な言い方をすれば、ファンが集まらなければ、ファンミを含む今後の活動もなくなってしまうかもしれないのです。日本にはスンウォン氏を応援する熱いファンがたくさんいます。しかし、ファンミーティングという、分かりやすい形での「日本での人気」を示すイベントで、ファンとしての熱意を見せることができなければ、私たちの明日はない。3回目のファンミーティングに参加する私は、今までの2回とは違った危機感を持っています。

一介のファンが心配する事ではないことは承知していますし、一介のファンができることはほとんどないことも分かっています。それでもファンひとりひとりが少しずつ頑張れば、大きな力になるような気がするのです。

SNSのアカウントをお持ちの方は、スンウォン氏のファンミーティングが開催されることをつぶやいてみたり、スンウォン氏を応援するメッセージを発信してみたり、または韓流に興味のあるお友達を誘ってみたりするのも良いかもしれません。参加するしないに関係なく、ファンミーティングを盛り上げる鍵は、私たちファンが握っているのです。

スンウォン氏が頻繁に来日できるよう、ファンの熱気と熱意を見せるのは、今なのです。


「チャ・スンウォンって何者!?」から「チャ・スンウォンって何者?!」へ


みなさんは普段、どんな環境でスンウォン氏のことを応援していますか?スンウォン氏のファンです!と公言して、グッズに埋もれて熱狂的に応援する方、誰にも告げずにひっそりと熱い思いを心に秘める方、いろいろいらっしゃることと思います。

ご家族や友人、同僚など、スンウォンファンである私たちの周りには、盛り上がる私たちを冷静に見つめる人たちがいるはずです。時には家事をすっぽかしてスンウォン氏のドラマを見てみたり、友人に会えばついついスンウォン氏の話を長々と披露してみたり、同僚にまでスンウォン氏を売り込んでみたり…。あまりののめり込みように、彼らはこう思っているはず。

「チャ・スンウォンって何者!?」

これには多分、少しの嫉妬や諦め、理解しがたいといった思いが込められているように思います。あなたの魂をそこまで奪い、夕飯のメニューが手抜きになってしまったり、友人同士の近況報告がスンウォン氏の近況報告になってしまったり、仕事が手につかなくなったりしてしまう、チャ・スンウォンって誰よ!(怒)という思いが…。

スンウォン氏を応援するのはファンひとりひとりの意志。でも、できるのならばファンを取り巻く人たちにも、応援することを快く思ってほしい。それにはどうすればよいのか…。

答えは簡単です。スンウォン氏のファンミーティングに参加して、極上の幸福のひとときを心から楽しむのです。忙しい日々を忘れ、チャ・スンウォン氏ただ一人を見つめ、思いきり声援を送り、スンウォン氏の笑顔を、目にも頭にも心にも焼き付けて帰るのです。

極上の時間を過ごしたあなたは、普段の生活に戻り、ファンミーティングで吸い込んできた幸せな気分を周りの人たちに少しずつお返しすれば良いのです。おかずが一品増えたり、家族や友人に感謝の気持ちを伝えてみたり、いつもよりも段取りよくにこやかに仕事をしてみたり…。

そう、ファンミーティングで充電したあなたはきっと何かが違うはず。そして周りの人たちはこう思うはず。

「チャ・スンウォンって何者?!」

これには、驚きと、スンウォン氏への興味、変われば変わるものだという称賛が込められていると思うのです。あなたの心を奪い、幸せを注入して、周りにまでその幸せを届けてしまうチャ・スンウォン氏。やっぱりあなたの選んだチャ・スンウォン氏は最高!

ファンミーティングはそんな魔法のイベントでもあるように思うのです。


ファンミーティングって何をするの?


ファンミーティングの記事を出していることもあってか、初めて参加される方から質問をいただくことが増えてきました。

「ファンミーティングではどんなことをするのですか?」

今回のファンミーティングに関しては、今のところ内容についての告知は出ていません。当日のお楽しみ、ということになるのではないでしょうか。

私が過去2回参加したファンミーティングでは、様々な企画がありました。2012年のファンミーティングでは、○×クイズ、じゃんけん大会で勝ち残った参加者がプレゼントをもらったり、スンウォン氏の好みに当てはまる参加者を選抜していって、バラの花を受け取ったり、スンウォン氏が歌を歌ったり、手紙を朗読したり…。もちろん、スンウォン氏のトークが中心ですので、撮影でのエピソードや、ドラマのお気に入りのシーンの話などをたくさん聞くことができました。

2015年のファンミーティングでは、抽選でファンがステージに上がってスンウォン氏に告白をするという企画や、スンウォン氏とツーショットの写真を撮る企画、スンウォン氏のコスプレなどなど、映画やドラマの撮影の話の合間に楽しい企画がありました。(レポあります! ☞チャ・スンウォン氏のファンミーティングに行ってきました

今回はどんな企画が待っているのでしょうか…。過去2回の傾向を見ると、運の良いファンがステージに上がる、という企画が必ず入っています。当日、幸運の女神が微笑んで、万が一、ステージに上がることになっても困らないよう、準備していく必要がありそうですね。想像したらドキドキしてきました…♡


泣いても笑ってもあと1週間!チケットの販売締め切りが近くなってきましたので、迷っている方は是非!
☞チャ・スンウォン ファンミーティング 2017 in TOKYO 4月22日開催

長い記事になってしまいました。最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。”意外に落ち着いた”とは言ったものの、いつも以上にたくさん綴ったことを思うと、やはり私も舞い上がってしまっているのかもしれません。

今週もご訪問ありがとうございました。良い週末をお過ごしください。


今週の記事のまとめです。


▶4月9日 (会場案内)チャ・スンウォン ファンミーティング2017 in TOKYO

▶4月12日 チャ・スンウォンを巡る旅/ファンミ直前!一肌脱いでもらいます!
▶4月14日 チャ・スンウォン氏ファンミーティング オフィシャルグッズ公開

関連記事

Comments 2

There are no comments yet.

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/15 (Sat) 22:43

管理人  


「今回の記事の管理者さんの切実なお気持ち、とてもよくわかります」とコメントをくださった方、ありがとうございます。

せっかくのファンミを前にして、厳しいことを書いてしまったかな…と少々反省していたところです。ファンミを楽しみに待つ気持ちと、これから先、スンウォン氏のことを長く応援していくためにはどうしたらよいのか悩む気持ちと、いろいろな気持ちが混ざったファンミ一週間前となりました。

2年ぶりの開催ということで、少しでも多くのファンが会場に集まって、スンウォン氏に大歓声を送れたらいいなぁ、と思っています。今回参加できなかった方が、近い将来、次のファンミに参加できるよう、スンウォン氏もファンも心から楽しめる大盛況のファンミになることを願っています。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/04/15 (Sat) 23:14

コメントを書く/Comment