チャ・スンウォン氏ロッテ免税店オンラインマガジン2017年4月号


いきなり出ました!4月号のロッテ免税店のオンラインマガジンはスンウォン氏の特集です!!

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン

マルチエンターテイナー、チャ・スンウォン
どんな服でも着こなすトップモデルからカリスマ性あふれる俳優、そして非凡な料理の腕を披露し「チャジュンマ」と呼ばれるおばさんキャラまで。チャ・スンウォンのチャレンジは続く。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン

チャ・スンウォンはチャ・スンウォンだ。時の流れにも強い荒波にも損なわれることない巨大な命題である。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン

モデルとしてデビューし、いつしか30年
チャ・スンウォンは1988年にモデルとしてデビュー。これまでにドラマや映画など数多くの作品に出演し、独特のカラーで確固たる地位を築いてきた。名実共に韓国を代表する俳優となったチャ・スンウォンは、来年デビュー30年目を迎える。芸能界入りしたのは貧しい生活から抜け出すためだった。友達の付き添いで行ったオーディションで運良くモデルになる。だが、モデル料だけでは生計を維持できない。若くして結婚したチャ・スンウォンは結婚後3年間、湿っぽい地下の部屋で新婚生活を送った。

過去のインタビューではこう答えている。「何をしようとしても経済的に無理だった。古本屋へ行ってファッションを勉強した」。トップモデルになったあと、韓国通貨危機により韓国経済は悪化。生活のために俳優デビューし、映画やドラマでも活躍することに。最近はバラエティー番組にも出演、多くのファンを魅了している。

チャ・スンウォンはいろいろな言葉で語られる。さまざまなフィールドで活躍している元祖「モデル出身俳優」であり、コメディからロマンス、スリラー、時代劇まで「あらゆるジャンルをこなす俳優」でもある。人気バラエティー番組「三食ごはん」では「チャジュンマ」というニックネームも付けられた。一番簡単に表現するなら「最高のルックスを誇る中年俳優」だろう。チャ・スンウォンはルックスに甘んじることなく、意欲的に演技への挑戦を続けた。2010年「アテナ:戦争の女神」、2011年「最高の愛〜恋はドゥグンドゥグン〜」、2016年「古山子 大東輿地図」など、チャ・スンウォン独自のスタイルと演技力が光を放った作品は数知れない。また、海外で放映されるドラマも相次いでヒットし、現在はアジアの韓流スターとして活躍している。


料理する粋な男
チャ・スンウォンは「ヨセクナム(料理するセクシーな男)」だ。昨年「 三食ごはん」ですばらしい料理の腕を披露し「チャジュンマ」というニックネームが付けられた。そのおかげで「第2の全盛期」を迎えた。外見から感じられるマッチョなイメージとは違い、手際よく料理をこなし、おしゃべりをして、小言をいい、まるでお母さんのように休まずに働く。

タイトルどおり、自分で材料を手に入れて料理して食べなくてはならない「三食ごはん」で、料理担当であるチャ・スンウォンは、どんな材料やメニューだろうと、注文されればどんどん作り出す「神懸かり」の腕前で視聴者を驚かせた。オフの日は家でごはんを作っているのは間違いない。

「三食ごはん」でチャ・スンウォンは料理するためにラフな服を着ていたが、ランウェイに劣らぬすばらしい魅力を発揮した。そんな彼が毎回どんな料理をどうやって作るのかは、大きな見どころだった。「漁村編」と「高敞(コチャン)編」で活躍したチャ・スンウォンは、ムール貝のチャンポン、刺身丼、海鮮蒸し、タニシの味噌チゲ、韓国かぼちゃ野菜チジミなど、その地域でとれる材料の特色を生かしたさまざまな料理で食卓を華やかに彩った。

このようにバラエティー番組でも活躍するチャ・スンウォン。彼はバラエティーのイメージについて、「諸刃の剣だと思うが、それも自分の一部であり、大事な部分なので演技と並行したい」と語った。バラエティー番組の出演が演技や作品に影響を与えると思ったことはないとのこと。「演技の道に入ってからもバラエティー番組と密接に関係を結んできた。MBC『無謀な挑戦』(『無限に挑戦』の前身)で共演したユ・ジェソクと今でも連絡を取っている」と言い、大きく笑う。


いい俳優、そしていい人
モデル出身の俳優の元祖だけあって、チャ・スンウォンをロールモデルにするモデルは多い。実際、アン・ジェヒョン、ナム・ジュヒョク、ホン・ジョンヒョン、キム・ウビンなど、多くのモデル出身の俳優が彼をロールモデルだと言い、敬意を表している。「真剣な姿と愉快な姿が共存する俳優」「モデルと俳優のどちらも完璧な人」という絶賛も惜しまない。後輩たちの「ロールモデル」発言を聞いて、決まり悪いと言うチャ・スンウォン。「どんな俳優になるかは大事じゃない、どんな人になるかのほうが大事だ」と強調した。俳優とは1人の人物を観察し表現する職業だから、懸命に人生を生きている人はうまく演じられると考える彼。他人に善意を施すことができなくても、相手が嫌なことはしないこと。そうやって思いやりを持って生きていけば、いい俳優になれるのではないか、と言う。また、「いい俳優になるのも大事ですが、いい人、いい先輩になるのも大事だ」と述べた。現在、彼は次の作品を検討中。どんな姿が見られるか楽しみだ。


もっと近くで見たいので、恒例のアップを…♡

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン ロッテマガジン


写真と文章はロッテ免税店「LOTTE DUTY FREE」4月号からお借りしました。

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

としこ  

管理人さん 長い文章の翻訳 ご苦労様です
それにしても 素敵なスンウォンシの写真~‼
文章を読んで、改めて 写真を見て あぁ やっぱりこの人は 私の唯一無二の人だ~‼
 と、思いました。

2017/03/29 (Wed) 21:32

管理人  


としこさん、コメントをありがとうございます。

素敵な写真ばかりで、穴が開くほど見つめてしまいました(笑)このウェブマガジンは日本語版ですので、文章は翻訳ではなく、日本語のまま掲載しています。

以前は日本語に不自然な部分があったりしたのですが、今回はとてもよくまとまっていて、スンウォン氏のデビュー以来の足取りや苦労、そして人柄まで伝わってくるような文章でした。

写真も文章も素敵で、ファンになって良かったとしみじみと感じました。私にとっても唯一無二の人です♡

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/03/29 (Wed) 23:55

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/03/30 (Thu) 13:43

管理人  


「ロッテ免税店オンラインマガジン、楽しく拝見させていただきました」とコメントをくださった方、ありがとうございます。

オンラインマガジンから、先日の「おじさん考」の記事、そしてスンウォン氏の発言まで、ぎっしりと愛の詰まったコメントに圧倒されました。

先日の、おじさんを論じる記事の中で、スンウォン氏にアジェ・ファタールという最大の賛辞を呈して、最上級ランクに分類しておきながら、「私たちには該当しないから無視しよう」とバッサリ切り捨てたのには笑ってしまいました。スンウォン氏もおじさんと呼ばれる年齢にあるわけですが、同世代の普通のおじさんから見てみれば、希少種として、半ば嫉妬、半ば羨望のまなざしで見られているのではないでしょうか。

スンウォン氏は、その辺にいるようだと思われるような人物を演じたい、というような内容の発言をしていました。希少種としての人物ではなく、身近にいそうな、親しみを覚えるような人物を演じたいと思っているのでしょう。

非常に稀な存在と言われる、美しい中年として存在しながらも、自らの生まれ持った長所から逃れるかのように役を模索し続けるスンウォン氏に、役者としての演技魂と、自らの美しい容姿にすらコンプレックスを感じているのかもしれない…という、持てる者の悲哀すら感じることがあります。

美しい中年、というだけではなく、ちょっとコミカルな面であったり、隣のおばさん的な面もあることで、スンウォン氏は社会や「おじさんたち」の中で好意的に受け入れられているのだと思います。多くのCMに引っぱりだこなのも、見た目の美しさだけではなく、人間性、人柄、そんなところも消費者はしっかりと見ている証拠なのではないでしょうか。

私の知らない、若きスンウォン氏は、随分と苦労をしてモデルから俳優の道を歩いてきたようです。何があってもぶれることなく、一歩一歩地道に歩んできたスンウォン氏のことを思うと、これからも俳優として思うがまま、いろいろな役を存分に演じてほしいと思っています。その様子をリアルタイムで追いかけていけるのは、ファンにとって最高の幸せですね。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/03/31 (Fri) 00:59

コメントを書く/Comment