[web記事]チャ・スンウォン、ユ・ヘジンドラマゆらゆら


チャスンウォン ユ・ヘジン


捜査バディ物「レ・ミゼラブル」出演可能性

役者チャ・スンウォンとユ・ヘジンの名前を登場させるドラマが制作を控えており、注目を集めている。

下半期の放送編成を論議している、捜査バディ物ジャンルの「レ・ミゼラブル(仮題、脚本ナム・サンウク)」の制作陣は、大衆が認識するチャ・スンウォンと、ユ・ヘジンの名前はもちろん、そのイメージを筋立てにそのまま表して目を引く。「作品でまた見たいコンビ」に挙げられているチャ・スンウォンとユ・ヘジンが、2007年の映画「里長と郡守」、2015年と昨年にケーブルチャンネルtvN「三食ごはん」などに一緒に出演したことがあり、今回のドラマ放送の有無に対する期待を高めている。

「レ・ミゼラブル」で40代と設定されたチャ・スンウォンとユ・ヘジンは、それぞれスパイ出身の犯罪者と刑事出身の牧師。外見から性格、女性の好み、スタイルに至るまですべてが全く違う2人の男が、偶然出会って様々なミステリー事件を解決していく物語である。

制作陣は、チャ・スンウォンについて「モダンなスーツ、絶妙な表情、ダークな目つき」などの表現で、普段の彼の雰囲気をキャラクターに溶け込ませた。ユ・ヘジンについては、家賃の代わりに恵まれない子どもを助け、暴力家庭の家庭を守るために拳を振り回したりと、ほのぼのとして親しみやすい印象を全面に押し出している。

もちろん制作過程で、劇中の名前は変わる可能性もある。しかし、バディのドラマとして、仲間や兄弟、友人など、男たちの友情を扱うという点で、二人の共演が実現することを期待する声が多い。チャ・スンウォンは2015年の「華政」の後の休息を取っていて、ユ・ヘジンはスクリーン活動だけに力を注いできており、ドラマ出演に対するファンたちの渇望も深い。

(スポーツ東亜の記事を翻訳しました)

*この記事はスポーツ東亜のニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

突然降って湧いたような、スンウォン氏とユ・ヘジン氏のドラマのニュース記事を翻訳しました。一瞬、共演か?!と思ったのですが、このニュース、よく読んでみるとちょっと不思議な記事なのです。

まずは、このドラマは下半期の放送分として検討されている段階で、スンウォン氏とヘジン氏の「名前とイメージ」が筋立てに使われているらしいということ。過去にこの2人が共演しているという話が一緒に書かれているので、ついつい二人が共演するのかと思いきや、そこまで具体的な記述はありません。

本人たちに本人の名前で演じてもらいたいという方向で検討されているのかもしれませんし、「チャ・スンウォン」という役を誰か他の俳優さんが演じることになるのかも(?)しれませんし、または役名のチャ・スンウォンがなくなって、他の役名に変わるのかもしれません。

深読みすればするほど分からなくなってくるこの記事、みなさんはどのように感じましたか?

スンウォン氏とヘジン氏がそれぞれ、「チャ・スンウォン」と「ユ・ヘジン」という役を演じるとなると、なかなか面白そうですね。バディ物ということで、相棒として活躍する姿が見られそうなのは、「三食ごはん」を連想させて期待が高まります。

このドラマの記事は、スポーツ東亜のみで報じられており、他社で同様の報道が無いのがちょっとひっかかりますが、この話が今後どんなふうに進むのか、注目したいと思います。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment