チャ・スンウォンを巡る旅/目が合うドキドキの瞬間☆Part 3


「チャ・スンウォンを巡る旅」、今回は「目が合うドキドキの瞬間☆」パート3ということで、引き続き、スンウォン氏と目が合う写真を集めてみました。

そもそも撮影は、カメラ目線で行うことが多いもの。こちらを見ているスンウォン氏の写真は山のようにあります。カメラ越しに私たちを見ているような、そんな錯覚にとらわれる写真を特集していきます。

チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
モノクロの写真でも黒シャツ黒スーツ姿のスンウォン氏からは、匂い立つような色気が漂っています。伸ばした前髪のウェーブが手招きしているようで、居ても立ってもいられなくなります。当のスンウォン氏は「さっきからジロジロ見てる人がいるけど、会ったことある人かなー」といった表情。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
スンウォン氏、若いですねー。口元に手を当ててこちらを見つめる表情には、余裕があふれています。優しい表情は若い頃から変わりませんね。立派な眉毛にそっと触れてみたくなる一枚。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
ひとつ前の若いスンウォン氏の写真は2007年頃のものなので、それから約9年経ったスンウォン氏の写真です。同じく口元に手を当ててこちらを見つめるスンウォン氏の表情からは、若い頃には無かった大人の色気が加わりました。弟と兄みたいな感じにも見えますね。歳月を味方にしたスンウォン氏の魅力があふれます。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
髪もヒゲも長かった頃。映画「シークレット」の頃でしょうか。ダブルの長い上着と、中に着ているダブルのチョッキ(?)の組み合わせがよく似合っています。カウンターにかかったクロスを握る、スンウォン氏の左手の温もりを感じます。想像力が刺激されて見飽きない一枚です。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
ソファの陰からこちらの様子をうかがうスンウォン氏。やんちゃな少年の面差しが見え隠れしています。筋肉のついた腕も見どころながら、あの可愛い指も鑑賞ポイントです。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
手すりに左ひじをついて、こっちを見ています。コートの下にはVネックのTシャツのようなものを着ているようですが、ほとんど見えないので、「裸でコート」という妄想が広がります♡いえいえ、ちゃんと着てますって。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
「裸でコート」が聞こえてしまったかのように、ちょっと笑っているスンウォン氏。ドラマ「最高の愛」が始まる1年ほど前の写真です。落ち着いた穏やかさがあって、大好きな一枚です。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
2005年頃。スンウォン氏の「どうだ!」と言わんばかりのドヤ顔にしびれます。この上から見下ろすような目線がたまりません♡「シャツのボタンを上から3つ目まではずしてみた。どうだ!」と言っているのでしょうか?(笑)ナイスです、スンウォン氏。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
これはもうどうしようもなく色っぽい一枚。ある意味ドヤ顔だと思うのですが、ちょっと細めに整えた眉毛や、首をかしげてこちらを見下ろすような冷たくセクシーな目線に鼻血が吹き出しそうです。スンウォン氏の好きな写真は数多くあれど、これは最上ランクです。こんな人がリアルにいるなんて…人生楽しいなぁ♡


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
前髪もヒゲも伸びましたねー。映画「シークレット」の頃でしょうか。目を細めて肩に手を置いてこちらを見つめるスンウォン氏。肩が痛い?それではお揉みしましょうか~♡あ、違うんですね。「時計を見てくれ」ですか…。失礼しました。。。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
スンウォン氏の頭髪ヒストリーの中で、私の理解力を超えた時期の写真。2005年頃でしょうか。丸刈りとも違うし、いがぐり頭でもないし、何と呼んでよいか分からないスタイル。作品のためだったのでしょうか。すっきりした中に、スンウォン氏の温かい眼差しが印象的です。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
1997年頃と思われる写真。27歳くらいのスンウォン氏です。スレンダーな体型と、長めの髪の毛が、トップモデルとしての活躍を物語っています。広げた手のひらを見て、あ、スンウォン氏の手だ、と何だか安心しました。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
2005年。映画「拍手する時に去れ」の頃かと思われます。スンウォン氏が鏡を通してこちらを見ている、二度おいしい、面白い構図の写真。鏡に変身したいと思う一枚です。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
鏡つながりでもう一枚。半裸でタバコを片手に鏡をのぞき込むという、かっこいい要素が盛りだくさんです。手前のスンウォン氏と鏡の中のスンウォン氏の距離感がリアルに感じられます。左側にかかっているタオルみたいなのがなければ、もっとよく見えるのに(笑)


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
「最高の愛」のトッコ・ジンを思わせる表情です。涼しい眼差しが、ガラスにも写っていて素敵です。あごのライン、首筋、星形のペンダントが下がる胸元から目が離せません。ちょっとだけでいいので、触ってみたい…♡


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
2008年。少し長くなった前髪が、斜めに流れる様子が「イイ男」感を倍増させています。袖をまくった白シャツと、日に焼けたたくましい腕のコントラストが目を引きます。洋服を着ていても、鍛えられたしなやかな身体が感じられる一枚。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
2000年前後の写真。どういう状況でこんな衣裳で撮影したのか分かりませんが、ピコ太郎を思わせるような(笑)雰囲気が漂っています。ヘビ柄でしょうか…。「このジャケット、どうですか」と語りかけられているような気がします。何て答えたらいいんだろう…。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
2010年。ドラマ「アテナ」を撮影している頃に、スンウォン氏は痩せた時期がありました。元々引き締まった痩せ型なのに、少し頬がこけた感じになりました。ソン・ヒョクを演じる上では鬼気迫る感じが出ていましたが、もう少しふっくらしていたほうがスンウォン氏らしいですね。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
同じく2010年。こちらを見つめるスンウォン氏の目がキラキラしていて、ドキドキしてしまいます。下から見上げるつぶらな瞳と、スンウォン氏の美しい下まつ毛がまぶしい一枚。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
黒い髪、黒いヒゲ、黒い革ジャン…。スンウォン氏と「ブラック」は切っても切れない関係です。じっとこちらを見つめる目は、俳優としての審美眼や観察眼でもありますね。モデルとしての目ヂカラもとても素敵なスンウォン氏です。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
2014年、スンウォン氏のWeiboより。自撮りだからカメラ目線なのは当たり前。お得意のピースサインで、近況をファンに向けて発信してくれました。そういえば最近、インスタの更新がないですね。2017年初のインスタはどんな写真になるのか楽しみです。


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン
2011年。こちらも自撮り。ヒトデ…いや、星形にスタッズがついたTシャツが、スターらしくておしゃれです。お揃いのTシャツが欲しいなぁ♡スンウォン氏と目が合うのはもちろん、こちらに伸ばした手にすぐさわれそうで、親近感がわきます。腕の遠近感が最高!


------------管理人のつぶやき------------

目が合うドキドキの瞬間☆Part 3はいかがでしたでしょうか。

新旧の写真を入り交ぜて、順不同でご紹介しました。髪型も顔つきも眉の太さも(笑)、年代によって随分違いますね。変わらない部分もたくさんありますが、どのスンウォン氏の目も、私たちに何かを語りかけるようにこちらを見つめているのが印象的です。

普段、スマホやデジカメで撮影した写真に写る自分の表情を考えると、スンウォン氏のように、見る人の心まで届くような表情ができるというのは、さすがプロだと思います。そして経験を積んだプロであること以上に、写真に人間性まで写っているような気がして、「チャ・スンウォン」はやはりただ者ではないなぁ…と思うのです。

スンウォン氏の新しいニュースが出てこない、”待ち”の時間を、ただ者ではないスンウォン氏の写真でお楽しみいただけると嬉しいです。目が合うドキドキの瞬間☆はまだまだ続きます!

関連記事

Comments 12

There are no comments yet.

みらい  

またまた力作、管理人さまの鋭い眼力?想像力?でどのスンウォン氏もしゃべってくれそうです、「このジャケット、似合ってる?」うーん、どうしたの?って言うしかないかな。タオル?邪魔です。

2017/01/10 (Tue) 23:02

管理人  


みらいさん、コメントをありがとうございます。

雄弁な写真と、そうでもない写真があり、写真の中のスンウォン氏の声にじっと耳を傾けながら、記事作りが進んでいきます。ブツブツ言いながら記事を書くのは「かなりおかしい人」になりつつあるんじゃないかと自分でも心配です(笑)

あのジャケットは本当に「どうしたの?」と聞くしかないようですね。たまに驚くようなファッションを見せてくれるスンウォン氏も結構好きだったりするのですが…。「チャ・スンウォンを巡る旅」のビックリファッション編をやってみるのも面白いかもしれません。タオルは満場一致で「邪魔」という結論で。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/01/11 (Wed) 00:20

としこ  

モノクロのスンウォン氏 最高…ですね‼
特に 1枚目の写真は、もうため息をつくばかり
いや 息ができない~‼  
昔の写真は…❗ 別人のようで とても同じ人とは 
信じがたい。ても その時代があればこそ
今のスンウォン氏があるのだから ありがとう!と、昔のスンウォン氏に 言いたいです。
管理人さん いつも素敵な写真をありがとう🎵  

2017/01/11 (Wed) 17:17

yasuko  

こんばんは

毎日
《華政》を4巻借りてきてみてます。
1巻に2話入ってるから8話、8時間かな?

私、病んでるのか……
ぁ~……自分が恐いゎ(--;)

2017/01/11 (Wed) 19:57

管理人  


としこさん、コメントをありがとうございます。

モノクロの写真は色が無い分、濃淡や影がスンウォン氏をさらに魅力的に見せてくれるような気がします。1枚目の写真はスンウォン氏のかすかな息遣いまで聞こえてきそうですね。大好きな写真です♡

昔のスンウォン氏の写真は、確かに今と比べると別人のように見えるものもありますね。若さあふれるスンウォン氏が歳月を経て、ここまで来たと思うと、愛しさを感じます。「目が合うドキドキの瞬間」はもう少し連載を続けますので、次回もどうぞお楽しみに♪

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/01/11 (Wed) 22:15

管理人  


yasukoさん、コメントをありがとうございます。

「華政」にすっかりはまってしまったようですね。長編ドラマですし、目を大切にしながらゆっくり楽しんでくださいね…と書いてみたものの、毎回よいところで終わってしまうドラマの続きが見たくなる気持ち、とっても良く分かります!光海症候群(?)、どうぞお大事に(笑)

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/01/11 (Wed) 22:16

yasuko  

この人はとても魅力的ですね
《男の色気》が溢れているというのかな…
タトゥも凄くいいね

今日まで
淡々と平穏な生活を送っておりましたが
なぜか
私の心は千々に乱れております…(笑

2017/01/12 (Thu) 16:40

管理人  


yasukoさん、コメントをありがとうございます。

それは恋ですね(笑)俳優としても、モデルとしても、人間としても、チャ・スンウォン氏はとても魅力的な人だと思います。

若さあふれる昔のスンウォン氏も素敵ですが、年齢を重ねるごとに溢れてくる、大人の男性の色気にすっかりやられてしまいました。いろいろなスンウォン氏の写真を特集していきたいと思いますので、チャ・スンウォン尽くしを楽しんでください♪

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/01/12 (Thu) 23:13

Like a child dreaming a sweet dream  

管理人様。
 素敵な写真を見せていただいて、ありがとうございます。魔性ですね、モデルのスンウォン氏。
 また饒舌にしゃべりたくなってしまいました。我慢できないのでおつきあいください、すみません。初めて見たとき、本当に視線をそらすことができなかった写真の話です。
 
 古い建物の屋外、木製の鎧戸をバックに、そのひとの腰から上の上半身が写っています。鎧戸は、もとが緑色だったのか、それとも苔むしているのか、色あせて古いものです。グレーの薄いVネックのセーターの下にはノースリーブの白いシャツを着、緑のズボンを身につけて、彼はその前に佇んでいます。
 腕を組み、首を傾げて、分けて流した柔らかそうな前髪が左の目にかかりそう。もう少しで微笑んでくれるかも、という期待を抱かせる目元と口元。

 こちらが見られているように感じる写真。
 視線に「私はあなたを見ている」という 意志を感じる写真。
 目をそらすことができないその写真と私との間に、「見る」「見られる」視線が行き交い、「見つめ合う」という幸福な錯覚を生む。写真を見ているはずの私が「見られる恥ずかしさ」を感じてしまうほど、「見る」ことの揺るぎなさを持った被写体。こんな写真、こんな人、初めて見ました。
 
 いろいろ書きましたが、一言で言うと、「めっちゃかっこいい!」です。  

 俳優さんもそうですが、モデルさんは特に、「見られる」ことが仕事なんですよね。
 「見られる」ことは、「他者の自由に委ねられ、他者に所有される」こと、なのだそうです。だからみんなに「見られる」ことによって、見られる対象は、「みんなのもの」になる。
 「みんな」に所有されている自分に、自分(=主体としての)を乗っ取られないために、実体を持たない「みんな」に自分を貪り尽くされないために、「見られる」自分もまた「見る(=見られる対象を自分の自由にできる)もの」であると主張するために、そのひとは、自分を見ている実体のない相手との間の「見る」「見られる」の関係を反転させることができる。そんな視線に絡め取られ、息を止めてしまうのは当たり前。逃げられない、と思ってしまうのも当たり前。    

 一言で言うと、「スンウォン氏の魅力に溺れています」です。  

 今でもこの写真を見るたびに、息を止めて数秒間、目をそらすことができません。新鮮な気持ちで、見られている恥ずかしさを感じます。
 このひとはいったい、何者なんでしょう?  

2017/01/31 (Tue) 17:04

管理人  


Like a child dreaming a sweet dreamさん、コメントをありがとうございます。

「めっちゃかっこいい」スンウォン氏の「魅力に溺れている」状態を、こんなにも言葉豊かに情熱的に語れるなんて素敵です。視線をそらすことができなかったという写真の描写を読んで、銀の星形ペンダントが胸に光るスンウォン氏の写真がパッと思い浮かびました。

コメント欄には画像を貼り付けられないので、後ほどツイッターに画像をあげておきます。素晴らしい表現力のお陰で、あっさりと正解にたどり着けました。ツイッターのアカウントがなくても、このブログの下の方からツイートを確認することができます。同じ時に撮影されたと思われる、別カットもおまけでどうぞ♡

モデルとしてデビューしたスンウォン氏は、今までに何万枚、いや何十万枚と写真を撮ってきたのかもしれません。「見られる」ことを意識して、理解して、さらには見られることの先にある、「自分が見ている人を見つめる」ことを体得している、プロ中のプロだと思います。

スンウォン氏のかっこよさにドキドキしながら写真を見つめ、そのドキドキがいつの間にか、スンウォン氏に見つめられているようなドキドキに変わる瞬間が大好きです。動画の「動く」スンウォン氏もとても素敵だと思いますが、「動かない」スンウォン氏のその一瞬を切り取ったような表情から、魅力や色気が噴き出すように感じられる写真の魔力にとりつかれています。

私はスンウォン氏のグッズにはほとんど興味がないという、たぶん珍しいタイプのファンだと思うのですが、その分写真にだけは並々ならぬ情熱を持っている、自称スンウォン氏の写真オタクです(笑)

写真のスンウォン氏と、それを見ている「ひとりひとりのファン」との濃密な空間を、たくさんの方に味わってもらいたいと思い、「チャ・スンウォンを巡る旅」のシリーズを続けています。毎度勝手な感想を書き綴っていますが、写真を通して「あなた」とスンウォン氏を結ぶ空間を楽しんでいただけると嬉しいです。

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/01/31 (Tue) 22:22

Like a child dreaming a sweet dream  

管理人様。
お返事ありがとうございます。

ティントン、正解!! です。

そう、私がスンウォン氏の魔性にやられてしまったのは、この写真なのです。
おまけショットまでプレゼントしていただき、ありがとうございます。

仰るように、動くスンウォン氏と魔性のモデルスンウォン氏とは、魅力の源が違うような気がします。こちらが貪る、じゃなくて、えーと、なんだろうか、見つめるポイントも違いますよね。

『「動かない」スンウォン氏のその一瞬を切り取ったような表情から、魅力や色気が噴き出すように感じられる写真の魔力』、同感です。魔性の魅力に溺れて絡め取られて、……でも、幸せ、かなぁ…(^_^;)。

写真フェチの管理人様の、厳選された取って置き写真を、「チャ・スンウォンを巡る旅」で拝見させていただくことを、楽しみにしています!!
…ってまたおねだりしてしまいました。すみません。

スンウォン氏の写真は沢山あるのに、正解していただいて、とっても嬉しいです!!



2017/02/01 (Wed) 00:13

管理人  


Like a child dreaming a sweet dreamさん、コメントをありがとうございます。

正解の写真がすぐに分かったのは、写真の細部からスンウォン氏の表情まで的確に表現してくださったからです。スンウォン氏の表情や雰囲気と、写真の色合いが合っていて私もお気に入りの写真です。

写真の魔力にとりつかれたからには、貪るように見つめて(笑)味わい尽くしたいと思います。スンウォン氏のニュースが無い時期も、たくさんの写真に囲まれて寂しさを紛らわすことができるよう、「巡る旅」の企画を考えていきます!

コメント欄とツイッターの連携がどうなることやら、と思いましたが、ツイッターの写真にも反響があり、魔性のモデルスンウォン氏の人気を感じました。写真フェチが増えるといいですね♡

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2017/02/01 (Wed) 21:52

コメントを書く/Comment