[web記事]チャ・スンウォン側「『毒戦』出演の提案だけを受けた状態」(公式)


チャスンウォン 차승원 チャ・スンウォン


俳優のチャ・スンウォンが「毒戦」への出演を提案された。

19日、チャ・スンウォン側の関係者はテンアジアに「映画『毒戦』出演のオファーを受けたのは事実」として、「まだ決定した事項は何もない」と明らかにした。

「毒戦」は、ある捜査官がドラッグディーラーの助けを受けて麻薬購入者に偽装して麻薬王を捕まえようとして起こる話を盛り込む。

チャ・スンウォンは、麻薬組織のボス役を提案された。これに先立ち、チョ・ジヌンは、麻薬組織に潜入する警察官役のオファーを受け、検討中というニュースが伝えられ、二人が一緒に映画に出演することになるかと関心を集めている状況である。

「毒戦」は、「ヨコヅナ・マドンナ」、「京城学校:消えた少女たち」のイ・ヘヨン監督がメガホンを取り、「アガシ」、「ラッキー」などを制作したヨンフィルムが制作する。

チャ・スンウォンはtvN「三食ごはん高敞(コチャン)編」と映画「古山子、大東輿地図(こさんじゃ だいとうよちず)」で活躍した。

(テンアジアの記事を翻訳しました)

*この記事はテンアジアのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

いきなりスンウォン氏の映画出演の話が浮かび上がってきました。いろいろな記事が出ている中で、確定やら否定やら、記事の内容も各社まちまちのようですが、この映画へのオファーを受けたことは事実のようですね。

次はドラマか…?と勝手に期待していたので、突然の映画出演オファーの話題に驚きました。役を引き受けるかどうかは分かりませんが、「麻薬組織のボス役」という、悪の魅力がプンプン漂うような役柄に心が動きました。ああ、きっとスンウォン氏なら、しびれるようなボス役を演じるのでしょうね~♡

めくるめく妄想ワールドが広がります。果たしてこのオファー、スンウォン氏はどのように判断するのでしょうか。楽しみです!

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment