[web記事]「三食ごはん」コチャンの4人衆、ここまで来れば本当に家族だ


チャ・スンウォン ユ・ヘジン ソン・ホジュン ナム・ジュヒョク 三食ごはんコチャン編


「三食ごはん」コチャンのメンバーたちが本当の家族のような深い絆を示した。ユ・ヘジンとチャ・スンウォンは父、母のような姿で弟たちの面倒を見ており、ソン・ホジュンとナム・ジュヒョクは兄たちのそばで末っ子の役割を果たした。

9月2日に放送されたtvN「三食ごはん高敞(コチャン)編」では最後の思い出を残しに出かけたユ・ヘジン、チャ・スンウォン、ソン・ホジュン、ナム・ジュヒョクの姿が描かれた。

この日、メンバーたちは最初に家族写真撮影に出かけた。メンバーたちは、市内の写真館に向かう間、期待感をいっぱいに表わした。その後、写真館に到着したメンバーたちは、典型的な家族のポーズを取って笑いを誘った。ユ・ヘジンは「家族写真を板の間にかけておきたい」そぶりを見せ、ソン・ホジュンは「一枚の写真でも思い出になるが、どんな風に出来上がるか期待される」と目を輝かせた。

その後、4人はお昼を食べるために中華料理店に向かった。チャ・スンウォンは、ちゃんぽん、ジャージャー麺などいっぱいの食べ物を前にして「昔は記念日のような時に家族が集まってご飯食べると、父が小言を言って、母がそれを止めて腹を立てて娘を連れて行って、息子はずっと小言を聞く羽目になった」という話で笑いを誘った。

昼ごはんが終わった後にはカフェに向かった。そこはまさにチャ・スンウォンとソン・ホジュン、ナム・ジュヒョクが、コチャン編で最初に出会った場所だった。ユ・ヘジンは、派手にかき氷とコーヒーを注文し、ナム・ジュヒョクは「私たち、今日は使い果たす日か」と言って喜んだ。

その後、宿舎では、またも卓球が再開された。ナム・ジュヒョクが小さく「卓球」と言った言葉が種になってしまった。チャ・スンウォンとユ・ヘジンはキャッチボールに夢中になっており、青春ドラマを彷彿させる姿で現場を和ませた。ユ・ヘジンは「野球選手たちが目の下に黒塗りをしていたのがいつも気になった」と自ら目の下を黒くしたりもした。上手な野球の実力を明らかにしたチャ・スンウォンは「中学の時までは野球選手だった」と告白した。

チャ・スンウォンは夕食にサバのキムチ煮を作った。ユ・ヘジンは「魚に味が本当にうまく染みこんだ」としきりに感心した。ソン・ホジュンとナム・ジュヒョクはうなずいて、食べ物を吸い込むように食べた。二人は言葉が出ないまま食べるのに熱中して注目を集めた。そんな中で、いきなりどこかで煙が上がってきた。制作陣が焚いた蚊取り線香の煙だった。ソン・ホジュンの「伝説の故郷のようだ」の言葉を皮切りに、メンバーたちは「伝説の故郷」の話を楽しく続けた。

チャ・スンウォン ユ・ヘジン ソン・ホジュン ナム・ジュヒョク 三食ごはんコチャン編チャ・スンウォン ユ・ヘジン ソン・ホジュン ナム・ジュヒョク 三食ごはんコチャン編


以降、メンバーたちは各種おやつとともにリオオリンピックを楽しんだ。メンバーたちは一緒に見ることができることに喜びを示した。また、オーストラリアの陸上選手、ネルソンの美貌に感嘆する一方、アニメ「走れハニー」で漫才を完成して笑いを誘った。翌日の朝、チャ・スンウォンと、ユ・ヘジンは2人の弟たちのためにカルビを買いに出かけた。ソン・ホジュンとナム・ジュヒョクはこれまで地道に「カルビを食べたい」というそぶりを見せてきており、これに二人は労働を辞さない、12万ウォン分のカルビ肉を購入した。

(ニュースエンの記事を翻訳しました)

*この記事はニュースエンのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

最後に家族写真を撮って、いよいよ最終回…のはずでしたが、「三食ごはん高敞(コチャン)編」の放送はあと2回追加されたので、第12話が最終回になるようです。大人気の番組だけあって、10回で終了にするのはもったいないし、もう少し彼らを見ていたい、という視聴者の思いが伝わったようで、何だかホッとしました。

写真館のシーンは大爆笑でした。みんなそれぞれモデルや俳優なので、かっこいいポーズはお得意のはずなのに、どこか田舎っぽさが漂って、写真館でドキドキしながら写真を撮られる緊張感まで伝わってきました。そこまで計算して演じていたのなら、4人ともかなりの役者ですね(笑)

普通の家族がワイワイと写真館に行って、いつもとは違うおすまし顔で写真に納まるのを見るようで、あのシーンは今年の夏を締めくくる一つの思い出作りの儀式として、視聴者の心にも残ったシーンだったのではないでしょうか。

記事に出てきた「伝説の故郷」というのは、過去に放送されたドラマで、韓国内の古くからの伝説をドラマ化したもののようで、中には怪談のような話もあるようです。夏の夜にはピッタリの話題ですね。ホジュニが口火を切って、しばらく怪談話に花が咲いたようです。

恒例の夜の宴会では、オリンピック観戦をした三食ファミリー。私も連夜オリンピック観戦をしていたことを思い出し、同じ時に同じようにテレビを見て声援を送っていた彼らを見て、今まで以上に親近感を感じた第10話の放送でした。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment