[web記事] 「三食ごはん漁村編」放送終了。このまま終了は残念…「漁村編」シーズン2やりましょう


tvNのバラエティ番組「三食ごはん漁村編」がとうとう幕を下ろした。

20日に放送された「三食ごはん漁村編」第9回放送では、スタッフの家に集まった俳優のチャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ホジュンの姿が描かれた。

この日、3人はあるレストランで会うことになっていたが、結局スタッフの家に集まることが決まり、驚いた様子だった。急に場所が変わった理由は、子犬のサンチェと猫のポリのためだ。スタッフたちは「サンチェとポリも一緒に会わせたかったが、飲食店ではそれが難しそうで、最初からスタッフの家に集まることにした」と説明した。


三食ごはん


お腹がすいたという末っ子ソン・ホジュンの言葉を聞いたチャ・スンウォンは、家主の了解を得てキッチンに向かった。ソウルでもチャ・スンウォンは、料理の腕前を発揮することになったのだ。一人暮らしの家主の冷蔵庫には、残り物の料理や冷凍餃子などの材料がいろいろ入っていた。チャ・スンウォンは冷蔵庫から材料を選び出して、素敵な「ごった煮チゲ」をサッと作り出した。

チャ・スンウォンのご飯を久しぶりに食べることになったユ・ヘジンとソン・ホジュンは、マンジェ島生活を懐かしがった。ナ・ヨンソクPDですら、ソウルのごった煮チゲを味わって「本当に正直に言えば、マンジェ島での味わいとは違う」と話すほどだった。彼らは紆余曲折あったマンジェ島生活を思い出しながら話に花を咲かせた。

「三食ごはん漁村編」のマスコットとして活躍したサンチェと、マスコットのタイトルを脅かして、ソン・ホジュンとの三角関係を作ったポリは成長が一目で分かるほど大きく育った。特にポリは以前はサンチェよりも小さかったのが、今はサンチェよりさらに大きくなり、サンチェを簡単に攻撃できるようになり、ユ・ヘジンとソン・ホジュンの笑いを誘った。

マンジェ島でマクガイバー(*注:アメリカのアドベンチャードラマ『冒険野郎マクガイバー』のことのようです)のように、必要な道具を作り出したユ・ヘジンのアイデア商品も再び話題となった。ユ・ヘジンは鍋掛け、やかん掛け、椅子、回転寿司用の枠組などを作って、マンジェ島の家を少しずつ埋めていった。マンジェ島の家のあちこちに、自分が手掛けた作品が見えると、ユ・ヘジンは「三食ごはん漁村編」が終わるということを改めて惜しんだ。

3人は、マンジェ島で作って食べた料理の中で一番美味しかったメニューを挙げた。「三食ごはん漁村編」では、チャジュンマというタイトルを得るほど上手な料理のスキルを誇ったチャ・スンウォンのおかげで、豊かなメニューを味わうことができた。視聴者は、メンバーたちが道具から華やかだった回転寿司や、ナPDも認めたムール貝ちゃんぽんを挙げるのではないかと期待した。

しかし、予想外の素朴なメニューがトップを占めた。ユ・ヘジンは煮豆を挙げた。マンジェ島に発つ前、あらかじめ行われた打ち合わせで、ユ・ヘジンは「個人的な思い出があり、煮豆が好きだ」と言及したことがあった。チャ・スンウォンはこれを覚えていて、マンジェ島で自ら、醤油と豆を煮詰めて煮豆を作り出したのである。ユ・ヘジンは「もちろん他の豪華なメニューもたくさんあった。しかし、個人的な思い出が込められているうえ、チャ・スンウォンがそれを覚えていて作ってくれたというのが感動」と回想した。

チャ・スンウォンは最高のメニューに「焦げたご飯と卵焼き」を挙げた。彼は、当時を思い浮かべながら「最も素朴で、おかずの種類もなかった食卓だったが、一番記憶に残っている」と語った。ソン・ホジュンは「豚肉炒め」を取り上げ、「一旦ソウルに帰ったチャ・スンウォン先輩が、私が豚肉炒めが好きという話を聞いて本当に肉を買って来た。本当に感謝した」とチャ・スンウォン印の豚肉炒めがひときわ特別な理由を明らかにした。


三食ごはん


「三食ごはん漁村編」には豪華なメニューがたくさんあり、チャ・スンウォンの料理の腕が番組を牽引する核心要素となった。しかし、食べ物がすべてではなかった。食べ物に盛り込まれた彼らの思い出、相手を思いやる心があふれ、「三食ごはん漁村編」をさらに充実させた。「三食ごはん」が与えるアナログ的感性は、最新の料理器具を使用しない制約から来るのではなく、結局、人間の生活の匂い、思い出から始まったことを強調するわけだ。

なぜか「三食ごはん漁村編」を見ると、特別な材料が入っていなくても、私のために心を込めて煮込んだチゲを前にして待つ母の気持ちを理解することができると思った。ソン・ホジュンに少しでも良いメニューを食べさせたくて、刺身のつまで刺身皿をデコレーションしたチャ・スンウォンの心、一匹でも多くの魚を獲るために孤軍奮闘したユ・ヘジンの心が、母の心に似て見えたからだ。

視聴者たちは、このような「三食ごはん漁村編」に対して、「終了せずにシーズン2の確定をしてほしい」という声を高めている。「三食ごはん漁村編」の最高視聴率が14%を達成するなど、目に見える成果を収めたために、シーズン2の可能性は十分だ。時にはヒーリングを、時には笑いを与える「三食ごはん漁村編」のシーズン2が現れるのか、その成り行きが注目されている。

(MBNの記事を翻訳しました)


*この記事はMBNのニュース記事の一部を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

「三食ごはん漁村編」が終了し、読みがいのあるまとめ記事が出てきました。それだけ「三食ごはん」が注目された番組だということを表していると思います。

いくつかの記事で取り上げられていますが、ユ・ヘジン氏の煮豆の話は何度聞いても感動します。思い出のある煮豆が好きだ、という話をスンウォン氏が覚えていて、マンジェ島で煮豆を作ってあげる、という心憎い演出、そして優しさが全てを語っています。本当に温かくていい人ですねぇ、スンウォン氏。私の中のスンウォン株はまたしても急上昇です。

シーズン2への期待も大きいようです。しばらくは「華政」の撮影で忙しいからなぁ…と勝手にスケジュールの心配などしてみましたが、いつかまたチャジュンマに会えるといいですね。
「日本農村編」とか「日本漁村編」とかでも面白そうですね!調味料命のチャジュンマが、唐辛子粉が無くて苦労するとか、日本の食べ物の調理で奮闘するとか…果てしない空想が広がります。

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment