[web記事]「古山子」チャ・スンウォン、プロの語り口…「三食ごはん」食べてアップグレード


チャスンウォン ムービートーク 차승원


俳優のチャ・スンウォンがバラエティー「三食ごはん」の出演以来いっそう強力になった話術を披露した。

24日午後、ポータルサイトネイバーVアプリでは、映画「古山子、大東輿地図(こさんじゃ だいとうよちず)」ムービートークライブが行われた。カン・ウソク監督と一緒に出演俳優のチャ・スンウォン、ユ・ジュンサン、キム・イングォンなどが出席して話に花を咲かせた。

この日、断然チャ・スンウォンの華やかな話術が注目を集めた。まず彼は「劇中、実在の古山子キム・ジョンホ先生を引き受けて、撮影前は心配が多かった。幸い無事に終えることができた」と出演の感想を明らかにした。

答弁に機転を利かせながら和気あいあいな雰囲気を演出した。チャ・スンウォンは「ここ最近私がお見せした姿はいつも釜の前だった。実は私が釜だったかもしれない」と言って笑いを誘った。特に彼はアイドルのあいさつ方法を借りて「チャ釜です」と付け加えて爆笑に包まれた。

チャ・スンウォンはすぐ真摯な姿勢に戻って作品に参加した感想を述べた。彼は「私も映画の中の姿に馴染みが薄かった。私が撮影したにもかかわらず、ああそうなのかと思ったよ」と口を開いた。

続いて彼は「もともと演技をする場合、その日の分量についていろいろなことを考えて撮影現場に向かう。ところで「古山子」はカン・ウソク監督のおかげで現場がそんなに大きな負担ではなかった」と伝えた。

チャ・スンウォンは「今度の作品を通じて、新しい顔を必ず見せなければならないというよりは、監督を頼って信じて撮影に臨んだ。そうしてこそ、皆さんに見せてこなかった顔が自然に出るのではないかと考えた」と話した。

歴史的人物を演技するという負担感を乗り越えて「古山子」の出演を決定した理由も明らかにした。彼は「監督にキャスティングの依頼を受けて3週間が経ってから回答をした」と話した。

チャ・スンウォンは「事実シナリオを読んで、なぜ私にこの役割を与えたのかが分かるような気がした。心の中では必ず出演しなくてはならないという考えがあった」としながらも、「この偉大な歴史の中の人物を私がどれだけうまくやり遂げることができるかに対する負担があった。それでどうしても監督に私がうまくできますという話ができなかった」と付け加えた。

カン・ウソク監督の新作「古山子 大東輿地図」は、歴史に記録されなかった古山子、(キム・ジョンホ)の隠された話を描いた作品である。来月7日の封切を控えている。

(マイデイリーの記事を翻訳しました)

*この記事はマイデイリーのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment