[web記事]「古山子」カン・ウソク監督はなぜチャ・スンウォンをキム・ジョンホに選択したのか


チャスンウォン 차승원 カン・ウソク キム・イングォン


「古山子、大東輿地図(こさんじゃ だいとうよちず)」が、映画界を代表するカン・ウソク監督と俳優のチャ・スンウォンの初の出会いで期待を集め、今年の秋夕(チュソク)映画街を虜にする予定である。

映画「古山子、大東輿地図」(監督カン・ウソク/制作シネマサービス)は、時代や権力に立ち向かって、歴史上最も偉大な「大東輿地図」を誕生させた地図師「キム・ジョンホ」の隠れた話を描いた映画である。

制作報告会を通して熱い関心と反応を集めた「古山子、大東輿地図」が、歴史の中の実在の人物への重厚な変身を披露した俳優のチャ・スンウォンと、初の時代劇作品に挑戦したカン・ウソク監督が見せる完璧な呼吸で期待を集めている。

2003年「SILMIDO シルミド」で初の1千万突破という驚異的な興行を記録したのに続き、「苔(邦題:黒く濁る村)」、「伝説の拳」など、絶えず新たなジャンルと素材の試みを続けてきて、映画界を代表する監督として位置づけられたカン・ウソク監督と、コメディ、時代劇、ドラマ、アクションに至るまで、多様なジャンルの作品で、毎回新しい姿でスクリーンとテレビを行き来するチャ・スンウォンが「古山子、大東輿地図」を通して初めて作品を作る。

特に「血の涙」、「天国からのメッセージ(幽霊が棲む)、「ぼくらの落第先生(先生キム・ボンドゥ)」、「ジェイル・ブレーカー(光復節特赦)」、「風林高(新羅の月夜)」など、チャ・スンウォンの代表ヒット作品を通じて、プランナーと俳優として息を合わせてきたカン・ウソク監督とチャ・スンウォンは、今回の作品では演出者と俳優として完璧な相乗効果を披露し、「古山子、大東輿地図」に対する期待感を増している。

韓国最南端の馬羅島(マラド)から最北端の白頭山(ペクトゥサン)まで、韓国各地を駆けめぐるロケに同行したカン・ウソク監督とチャ・スンウォン。地図に生涯を捧げたキム・ジョンホの生活ぶりを描いて、強い誠意を加えたカン・ウソク監督と、渾身の熱演でキャラクターを完成したチャ・スンウォンの呼吸が調和した「古山子、大東輿地図」は、権力と時代の荒波の中、執念で決して夢をあきらめなかったキム・ジョンホのドラマチックな話を見せる予定である。

チャ・スンウォンは「カン・ウソク監督とは制作者と俳優という関係として長い時間を過ごしてきた。直接現場でぶつかってみると、どんな監督よりも聞く耳を持ち、また心を大きく開いて、現場で演技をするのにすごく大きな力になったようだ」と演出者と俳優として初めて仕事をしたカン・ウソク監督に対する本音を伝えた。

カン・ウソク監督は「チャ・スンウォンという俳優が現場に現れた瞬間から完璧にキム・ジョンホになっていた」と、誠実さと熱情を演技にそのまま表した俳優に対する満足と信頼を伝えた。

30年余りの間、韓国映画を率いてきたカン・ウソク監督と、重厚な演技の変身を披露したチャ・スンウォンの完璧な呼吸を通じて、2016年にスクリーンに新たに完成されたキム・ジョンホの話を盛り込んだ「古山子、大東輿地図」は、大東輿地図を通じて万人に向けた偉大な志を抱いた地図師のドラマチックな話で、今年の秋夕(チュソク)、観客に胸いっぱいの余韻を伝えることであろう。

「古山子、大東輿地図」は9月7日に公開される予定である。

(ヘラルドPOPの記事を翻訳しました)

*この記事はヘラルドPOPのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

スンウォン氏とカン・ウソク監督は、ずいぶん前から、企画者(プランナー)と俳優として一緒に映画の仕事をしてきたようです。カン・ウソク監督はその後監督として成功して、数々の映画をヒットさせ、その間スンウォン氏も様々な作品に出演して、俳優として大きく成長しました。

そして2016年、この2人がタッグを組んで新たな映画が誕生します。これまでもスンウォン氏は作品を選ぶ際に、監督との関係をとても大切にしてきたように思います。今回も、長年一緒に作品を作ってきたカン・ウソク監督だからこその作品選択だったのではないでしょうか。

互いに信頼して、作品を一緒に作り上げていくというのは大切なことですね。ヒットメーカー、カン・ウソク監督の手で、スンウォン氏が情熱と共に演じたキム・ジョンホが、スクリーンにどんなふうに浮かび上がるのか、公開が楽しみです。日本でも一日も早く、公開してほしいと願っています。





関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment