[web記事]「古山子」チャ・スンウォンがスクリーンに描くキム・ジョンホの大東輿地図


チャスンウォン 차승원 古山子大東輿地図


俳優のチャ・スンウォン、ユ・ジュンサン、キム・イングォン、ナム・ジヒョン。これまで大衆に愉快なイメージを漂わせて、スクリーンとテレビを行き来する活動を見せてきた人たちが映画「古山子、大東輿地図(こさんじゃ だいとうよちず)」を通じてひとつになった。歴史上最も偉大な地図として評価される大東興地図、そしてその地図をめぐる権力の話は夏の終わりに観客をとらえることができるだろうか。

9日午前、ソウル江南区(カンナムグ)CGV狎鴎亭(アックジョン)では、映画「古山子、大東輿地図」の制作報告会が開催された。この日、制作報告会には俳優のチャ・スンウォン、ユ・ジュンサン、キムイングォン、ナム・ジヒョン、そして演出を担当したカン・ウソク監督が出席した。

この日チャ・スンウォンは、歴史的な実在の人物であるキム・ジョンホを演じることになった感想を聞くと「歴史に記載されているのが二行しかない。でも残した業績はものすごい人だ。実在の人物を演じるにあたって、その人の足跡を沢山知ることができずに悩んでいた。原作があった。もちろん原作も重要だが、シナリオを作る監督とスタッフや俳優が協力して、意見を調整することに頼った。そこで作られた映画のキム・ジョンホではないかと思う。最初にシナリオをもらった時はどのようにアプローチするか困り果てた。無事に終わってよかった。キム・ジョンホ先生に迷惑をかけないのが個人的な願いだ」と説明した。

さらに、彼と一緒にキム・ジョンホの話をスクリーンで解き明かすことを決心したきっかけをカン・ウソク監督は「映画を撮りたい時は片っ端から手当たり次第に撮った。結果が良かった映画もあり、自ら満足していない映画もあった。映画に疲れた頃に読書ばかりしていたが、誰かがこの本を読んでみないかと話した。初めて見た時はこれをどのように映画として作るのかと思った。ところが引き続き思い出した。それでもう一度読んでみた。この人を引き出さなければならないという歴史的使命感があった」と述べ、映画の中の話を期待させた。

「古山子」は地図を作る過程を描いた映画であるから、映画の中で登場する風景について期待感を高める部分があった。これにチャ・スンウォンは、白頭山(ペクトゥサン)での撮影当時を振り返って、「白頭山が初撮影だった。天池(ティエンチ)の天気がそんなに急変するということを知らなかった。重要な場面を撮りにいくのに監督が気楽に来なさいと言った。しかし、それは白頭山だった。撮ることのできる時間も2時間ほどだった。天気が手伝ってくれなかったらできなかった。そんな場合は1年中ほとんどないそうだ。撮るときにとても晴れた。終わるやいなや、暗雲が来て」と言って期待をさらにあおった。

また、キム・ジョンホを演じることになったチャ・スンウォンという部分も「古山子」の魅力のポイントの一つ。これにカン・ウソク監督は、チャ・スンウォンをキャスティングしたきっかけについて「最近は、キャスティングする時に監督と親しい俳優ではなく、観客が好む俳優に敏感だ。先に4人程度の候補がいた。ところで、チャ・スンウォンは、キム・ジョンホを演じるにはあまりにも現代的な俳優ではないかと聞いたら、配給会社の関係者がキム・ジョンホの肖像画を送ってきた。チャ・スンウォンとそっくりだった」と説明した。

最後にチャ・スンウォンは、これまでテレビやスクリーンを通じて見せた彼の時代劇の演技と「古山子」の演技の違いについて、「ユーモア、笑いが多い。後半に入ってから、この人の苦しみが表現されるが、ただ重いだけでなくユーモアと笑いが布陣されていて前の時代劇よりは、近い人物と言える」と説明した。

チャスンウォン ユ・ジュンサン、キムイングォン、ナム・ジヒョン 古山子大東輿地図


実在の人物、キム・ジョンホ、そして、実際に歴史上高く評価されている大東輿地図の話が公開を控えている。カン・ウソク監督が「チャ・スンウォンとキム・ジョンホの肖像画があまりにも似ていたよ」という話をしただけに、チャ・スンウォンのキム・ジョンホが、素晴らしい地図である大東輿地図くらいに驚きをもたらすか、早くも成り行きが注目される。

「古山子、大東輿地図」は、時代や権力に立ち向かって、歴史上最も偉大な大東輿地図を誕生させた地図師、キム・ジョンホの話を描いた映画である。9月7日封切り。

(MBNスターの記事を翻訳しました)

*この記事はMBNスターのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

昨日のメイン予告編に引き続き、今日は制作報告会がありました。

先日の「三食ごはん」の放送を見ていて、ちょっとパーマがきついかな…と若干髪型に不安を持ったのですが、今日の制作報告会のスンウォン氏はとっっっても素敵でした♡見るたびに若返っているのでは、と思うほどつややかで、笑顔のスンウォン氏を見てたくさん元気をもらいました。

キム・ジョンホの肖像画とスンウォン氏が似ている件については、髭を生やしていて、ちょっと頬がこけた感じが似ていなくもないなぁ、といったところでしょうか。雰囲気が似ているといえば似ているような…。

チャスンウォン キム・ジョンホ
並べてみると結構似てるかも…(笑)


他の候補者もいたようですが、最終的にスンウォン氏に決定したのも何かご縁があったのかもしれませんね。実績と実力ある監督と俳優が出会ったこの映画が多くの人に感動を届けられるよう、日本からも大ヒット祈願をしたいと思います。そして是非、日本にも「古山子、大東輿地図」を!

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment