[web記事]「三食ごはん」次第に濃くなる4人の友情、ソン・アヒル嵐の成長


チャスンウォン 三食ごはん ユ・ヘジン ナム・ジュヒョク ソン・ホジュン


高敞(コチャン)が青くなっただけに、4人の男のケミストリーはさらに燃え上がり、アヒルたちがはるかに成長した。

7月29日に放送されたtvN「三食ごはん高敞(コチャン)編」では、三食ハウスでのチャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ホジュン、ナム・ジュヒョクの姿が描かれた。チャ・スンウォンとソン・ホジュンは、料理部に分かれてキムチの漬け込みをして昼食を準備し、ユ・ヘジンとナム・ジュヒョクは施設部を引き受けて、スイカの収穫をしてお金を稼いだ。

4人の男は前日の夜、白菜を塩水に漬けておいた。そして最も勤勉なチャ・スンウォンがいちばん先に起きて、キムチの漬けこみの準備に乗り出した。続いて起きた末っ子ナム・ジュヒョクは、チャ・スンウォンの指示に従って、白菜とネギなどの野菜を洗い始めた。ナム・ジュヒョクは洗顔もせず、目もそれほど開けずに野菜を洗って笑いを誘った。そして彼らは、キムチチゲとキムチの豆もやしスープなどを作って十分にお腹を満たした。

ごはんを食べた4人の男は2チームに分かれた。ユ・ヘジンとナム・ジュヒョクが施設部に分かれ、スイカの収穫に出かけた。ナム・ジュヒョクはスイカのへたを取り、ユ・ヘジンは、手押し車でスイカを運ぶのを担当した。ナム・ジュヒョクは「腰を曲げてずっと仕事をすれば仕事を早くできる」と自分だけのヒントを伝え、仕事三昧に陥った。

その間、チャ・スンウォンとソン・ホジュンはキムチの漬け込みを完了した。チャ・スンウォンはソンホジュンに「私は君が必要だ。全部終わった」と、料理補助ソン・ホジュンに対する満足感を示した。また、チャ・スンウォンは「施設部は仕事をいつまでもやってどうするんだ。食べるものがないのに。私たちの番組タイトルは『三食ごはん』だ。『三食施設』ではない」と、仕事をしに行ったユ・ヘジン、ナム・ジュヒョクを批判すると同時に、二人だけの連帯感を強めた。

ユ・ヘジン、ナム・ジュヒョクも連帯感を強めたのは同様だった。この日もいつもどおりオヤジギャグで最強に息の合った様子を見せてくれた。そしてナム・ジュヒョクの「私たちはエリート施設部ですから」という言葉は、二人の情熱をメラメラと燃やした。家でしばらく休息したチャ・スンウォン、ソン・ホジュンは、前日採ったシオフキ貝で、スープと和え物を作り始めた。一生懸命働いた施設部のためのものだった。そして4人は、待望の昼食をとりながら、しきりに感嘆詞を言った。

そして10日後、三食ハウス、高敞(コチャン)は、一面が緑に染まって夏であることを如実に感じられる姿に変わった。アヒルたちも時間が経っただけに、嵐のように成長した。ソン・ホジュンは「子ども達がとても大きくなった。時が経った」と驚き、チャ・スンウォンは「うろうろと歩きまわっている感じがある」とアヒルを観察した。

また、4人は食事の計画を立てた。昼食は、チャ・スンウォンの漬けこんだキムチを利用してプデチゲを、夕飯は 伏日(ポンナル:暑さの厳しい時期に暑気払いとして滋養のあるものを食べる日。日本でいう土用丑の日のようなもの)を迎えたので、鶏のコムタンスープを作ることにした。買い物をしてきた4人の男は、アヒルを出勤させる作業に突入した。しかし、アヒルが成長しただけに、リヤカーに乗せることも簡単ではなかった。結局、ソン・ホジュンとナム・ジュヒョクはほうきでアヒルを誘導して、田んぼまで一緒に歩いた。その後4人はプデチゲを食べて以熱治熱(熱をもって熱で治す、熱いものを食べて暑さから来る食欲不振などを治すという意味)の夏を過ごした。

(ニュースエンの記事を翻訳しました)

*この記事はニュースエンのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment