[web記事]「三食ごはん高敞(コチャン)編」四人の絶妙な相性、日増しに強固になる


チャスンウォン 三食ごはん 차승원 ユ・ヘジン ソン・ホジュン ナム・ジュヒョク


「三食ごはん」の4人のメンバーたちがますます家族のように密着した関係になっている。

15日夜に放送されたケーブルテレビtvNのバラエティー番組「「三食ごはん高敞(コチャン)編」では、ソン・ホジュンとユ・ヘジン、ナム・ジュヒョクがトックリイチゴを収穫する姿が描かれた。

この日、三人はゆとりの資金を稼ぐためにイチゴを収穫する作業に乗り出した。「手は一つを取りながら、目はもう他のイチゴに行っていなければならない」というおばあちゃんのヒントに基づいて、三人は真面目にイチゴを収穫した。

この時、家にいたチャ・スンウォンは、ソーセージと野菜を入れて作った煮物とサッパリした味噌チゲを作った。チャ・スンウォンは三人のための食事を作っておいて、メンバーたちの帰りを待った。

家に帰ってきた三人は、チャ・スンウォンが作ったごはんを食べて、イチゴ作業を通して稼いだ6万ウォンを制作陣からもらった。チャ・スンウォンは「次はカルビチムを食べることができる」と喜び、ユ・ヘジンは「金遣いが荒い」と意地悪に小言を忘れずに言って笑いを誘った。

ソウルに戻った4人はまた高敞(コチャン)の家に帰ってきた。四人は次第に、高敞(コチャン)の生活になじむ姿を見せてくれた。チャ・スンウォンは水切りラックからボウル、キッチン用品掛け、アイスキャンディーの型まで持ってきて、高敞(コチャン)の家の台所を豊かにした。

四人の食事は外食で始まった。ユ・ヘジンが先に「ジャージャー麺を食べに行こう」と提案し、三人は先立って稼いだお金でジャージャー麺を食べた。チャ・スンウォンは、朝食を食べなかったというナム・ジュヒョクに「餃子でも食べる?」と温かい言葉をかけた。

スーパーに立ち寄って家へ帰った四人は、各自の仕事を見つけ、高敞(コチャン)生活を続けた。チャ・スンウォンとソン・ホジュンは一緒に食事を準備し、ユ・ヘジンとナム・ジュヒョクは生まれたアヒルたちの家を作ることに熱中した。

そんな四人は、アヒルの周りに集まって一つにもなった。四人は稲作に使うアヒルを一緒に訓練したり、リヤカーで体を乾かすアヒルを見ながら笑ったりした。

このように、チャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ホジュン、ナム・ジュヒョクは次第に高敞(コチャン)生活に慣れていっている。四人は、時にはめいめいの仕事に熱中して、時には一緒に仕事をしながら、より密着した関係を見せ、視聴者たちに楽しみや安らぎを与えた。

(TVデイリーの記事を翻訳しました)

*この記事はTVデイリーのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

イチゴの収穫を手伝って、尊い賃金を得た三食ファミリーは、初めての外食に出かけました。思えばマンジェ島は外食に行けるようなところではなかったので、高敞(コチャン)ははるかに都会なんだなぁ、とそんなことを思いながらジャージャー麺を食べる三食ファミリーを見ていました。

お店には他にもお客さんが入っていましたが、あの4人がお店に入ってきたらビックリですよね!特にスンウォン氏はイメチェンしてワイルドになった髪型に、スターオーラが漂うサングラス姿…♡

見た目はワイルドですが、末っ子ジュヒョクが朝ご飯を食べていないことを気遣って、餃子を注文したりと、中身は優しいお母さんでした。「三食ごはん」を見ていていつも思うのですが、スンウォン氏はみんなに先におかずを取り分けるように勧めて、自分は最後に食べることが多いようです。ちょっとしたスンウォン氏の時間差の食事にも、家族に対する愛情が感じられて心が温まります。

今回は2度目のコチャンでの撮影ということもあり、スンウォン氏はスーツケースに加えて大きなバッグを持参しました。中から出てきたのはキッチン用品…(笑)さすがチャジュンマです。

かなり大きな水切りラックが出てきたのには驚きましたが、アイス好きの息子たちのために、アイスキャンディーの型を持ってきて、早速ご機嫌で作り始めるスンウォン氏はさすがスーパー主婦。漁村編でも登場したキッチン用品掛けは、スンウォン氏の「マストアイテム」のようです。

少しずつコチャンの家も改良されて、どんな料理があの台所から作り出されるのか、アイスキャンディーはうまく出来上がるのか、いろいろ楽しみが増えてきました。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment