チャ・スンウォン氏主演映画「ハイヒール」フランス公開記念!東西予告編比較


スンウォン氏のインスタグラムにも掲載された、映画「ハイヒール(邦題:ハイヒールの男)」が7月20日からフランスで公開されます。今年の4月、フランスで開かれた第8回国際スリラー映画祭で大賞と批評家賞のダブル受賞の快挙を遂げ、いよいよフランスに上陸します。

チャスンウォン 차승원 하이힐 ハイヒール


公開を記念して、フランス、韓国、日本の「ハイヒール」の予告編を比較してみたいと思います。ベースとなっている映像はほぼ同じですが、声が入ったり字幕が入ったりすると、それぞれ雰囲気が違ってくるのが分かると思います。

まずはフランスの予告編、30秒バージョンから。


フランス予告編60秒バージョン。声は韓国語ですが、字幕がフランス語だとなんとなくフランス語みたいに聞こえるのが不思議(笑)


続いて本家、韓国の予告編30秒。セリフ音声が多めです。


韓国の予告編85秒。


そして日本の予告編。



------------管理人のつぶやき------------

いかがでしたか?同じような映像でも、音声や字幕で随分雰囲気が変わるものですね。

実はもう少し早く、フランス版の予告編をご紹介したいと思って準備していたのですが、「三食ごはん」のニュースが多くて、なかなか「ハイヒール」の記事発信までたどり着けませんでした。週末に頑張ろう、と思っていたところに、スンウォン氏のインスタグラムにフランス版の映画ポスターが掲載されました。スンウォン氏に後押しされて、ようやく記事を出せました。

「ハイヒール」のフランスでの公開をお祝いします!

関連記事も是非どうぞ。
☞チャ・スンウォン氏主演映画「ハイヒール」上映情報

関連記事

Comments 4

There are no comments yet.

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2016/07/15 (Fri) 20:04

管理人  

「これからどんな風に変化していくのか楽しみですね」とコメントをくださった方、ありがとうございます。

「天国からのメッセージ」と「ハイヒールの男」のDVDを同時に購入したとのこと、おっしゃるように2004年と2014年という10年の間に、外見も演技の幅も大きく成長しているように思います。その年齢だからこそ演じられる役もあると思うので、太い眉毛のスンウォン氏も、身体を鍛えて引き締まったセクシーなスンウォン氏も、いろいろな作品を味わって見てみようと思っています。私もまだスンウォン氏の過去の作品は見ていないものがあるので、どんなスンウォン氏に会えるのか楽しみです。

「華政」のレンタルは少し落ち着いたのでしょうか。レンタル開始直後は全部貸し出し中のことが多く、棚を横目に「よしよし」と喜んだものでした。素敵な光海君が待っていますよ。

「三食ごはん」はあまり大きな声では言えませんが、ネット上に動画が出るので、放送後すぐに見ることができます。日本でも過去の「三食ごはん」は、CS放送で日本語字幕版が放送されたようです。私はCS放送を見始めたら抜け出せなくなりそうなので(笑)、泣く泣く思いとどまっています。日本語字幕版が見られないのは辛いですが、「三食ごはん」は言葉が分からなくても楽しめる番組なので、今のところはニュース記事などでちょっとしたあらすじを把握しながら楽しんでいます。

ブログでも「三食ごはん」について取り上げていきたいと思っていますので、楽しんでいただけると嬉しいです。応援のメッセージも嬉しく読みました。頑張ります!

ご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2016/07/16 (Sat) 00:30

みらい  

 予告編シリーズを見せていただき、予告を堪能できました。ありがとうございます。
 スンウォン氏、このときはだいぶ身体を引き締めていらしたようですが、着やせするのかな、とも思いました。「脱ぐとすごいんです。」ってことですが。
 バトル場面が怖くて直視できそうにないのですが、この夏にこの作品を見ようと思います。
 

2016/07/16 (Sat) 10:28

管理人  


みらいさん、コメントをありがとうございます。

同じような映像でも、国ごとに個性が出ている予告編だと思いました。「ハイヒール」はアクションシーンが多く、普段から鍛えているスンウォン氏の身体がさらに引き締まっているように見えました。まさに「脱ぐとすごいんです」!!心に抱える女性的な面と、筋肉質のスーパーナイスバディの対比が、主人公ユン・ジウクの抱える哀しみを表現しているようでした。

「流血注意!」と言わなければならない映画ですが、複雑な役柄をスンウォン氏が好演していますので、バトル場面以外の部分を是非鑑賞してみてください。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。

2016/07/16 (Sat) 11:02

コメントを書く/Comment