[web記事]「三食ごはん3」本当の家族のような四人の男の「ケミストリー」


チャスンウォン ユ・ヘジン 三食ごはん


「三食ごはん3」メンバーたちが家族のような「ケミストリー」を披露した。

8日午後放送されたtvNのバラエティー番組「三食ごはん高敞(コチャン)編」では、互いに世話をして、農村での一日を続けているチャ・スンウォン、ユ・ヘジン、ソン・ホジュン、ナム・ジュヒョクの姿が描かれた。

この日、メンバーたちは田植えに挑戦した。先立って、チャ・スンウォンとソン・ホジュン、ナム・ジュヒョクが買い物をするために、制作陣に五万ウォンあまりの借金をしたため、労働をして返済しなければならなくなった。ユ・ヘジンは自分がいない間に繰り広げられた状況に戸惑いながら、チャ・スンウォンに「前にはそうではなかったが…金遣いが多く荒くなった」と小言を並べ立てた。ついにチャ・スンウォンに「こんなことなら、ハンコを押しなさい」と脅しをかけて笑いを誘った。これに対してチャ・スンウォンも例のしなやかな口調で「ジュヒョクが食べるのでそれで市場を見てこなければならなかった」と言い訳をした。

起きてしまったことなので、メンバー全員は田植えを避けることができなかった。200坪あまりの田んぼを全部埋めなければならなかった。チャ・スンウォンとユ・ヘジンが田植え機を利用して大きな枠組みを整えて、ソン・ホジュンとナム・ジュヒョクが手で空いているところに苗を植えた。ソン・ホジュンとナム・ジュヒョクは表情で労働の苦しみを表現して笑いを誘った。4人は田植えを完了した後、村長に確認してもらって仕事を完了することができた。

仕事を終えた4人は、体を休める間もなく食事の準備を始めた。それこそ真の農村生活の姿だった。家で材料を準備するチームと肉を買って来るチームに分かれた4人は、それぞれの役割を担って実行し始めた。チャ・スンウォンとソン・ホジュンは夕食に食べるバラ肉を買いに行って、持ち金に合わせて買うためにしきりに秤を覗いて悩んだ。また、帰る前におつまみを買ってきてほしいというユ・ヘジンのお願いも忘れてはおらず、店に立ち寄った。その頃ユ・ヘジンは、チャ・スンウォンがあらかじめ採っておいた野菜を洗ってメンバーたちが帰ってくるのを待っていた。

メンバーたちは、並んで夕食を準備し、サムギョプサルを焼く夕飯を待った。自分の好みにぴったりの食卓を迎えたナム・ジュヒョクは、制作陣に向かってお腹を見せ、笑いを誘った。

食事を終えたメンバーたちは、おつまみを取り出して一日を整理する時間を持った。ユ・ヘジンの「オヤジギャグ」を皮切りに、口を開いたメンバーたちはこれまで「三食ごはん」を通して過ごした時間を繰り返して言ったり、新しいメンバーになったナム・ジュヒョクを改めて歓迎する温かい姿を描き出した。

(ヘラルドの記事を翻訳しました)

*この記事はヘラルドのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

漁村編に比べて、家や庭が広くなって、スンウォン氏たちは高敞(コチャン)で快適な生活を送っている…と思いきや、田んぼでの労働は思っていたよりも重労働だったようです。

田植え機という文明の利器に助けられながらも、あのスンウォン氏でさえ、まっすぐに田植え機を操るのは難しかったようで、曲がってしまったところや、空いたスペースは、4人が人力でひとつひとつ苗を植えていきました。

田植え機のなかった頃は、ひと苗ずつ手で植えていたことを思うと、お百姓さんの苦労がしのばれますね。背の高いスンウォン氏が何度も腰をかがめては丁寧に苗を植えていた姿が印象に残りました。

出稼ぎ(?)に出かけていたはずのお父さん、ヘジン氏が電撃合流して、ほんの少しの間に、「マート♡」に行くために借金が膨らんでしまったことに呆れていました。スンウォン氏に小言を並べるシーンは、言葉は分からずとも、反撃に出るスンウォン氏とのやり取りがまるで中年夫婦!食べ盛りの子ども2人を抱え、さらにはマートに魅入られたスンウォン氏も負けてはいません。

農作業でみんな疲れているはずなのに、やはりごはんの用意はしなくてはなりません。労働の代価として村長さんからもらったお金で、より多くのお肉を買えるよう、注文にも力が入るスンウォン氏。マンジェスーパーとは違い、いろいろなお店で買い物ができるのは楽しいですね。大いに働き、チャジュンマのサムギョプサルを大いに食べ、夜は大いに飲む。見ていて気持ちの良い家族の一日でした。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment