[web記事]「古山子、大東輿地図」予告編公開。山越え川渡るチャ・スンウォン


チャスンウォン 차승원 古山子、大東輿地図


下半期の期待作「古山子、大東輿地図(こさんじゃ だいとうよちず)」が初の予告映像を公開し、期待感を高めた。

5日、「古山子、大東輿地図(こさんじゃ だいとうよちず)」側は地図師キム・ジョンホ(チャ・スンウォン)と興宣大院君(ユ・ジュンサン)の姿を描いた予告映像を公開した。

「古山子、大東輿地図(こさんじゃ だいとうよちず)」は低い身分で、時代と権力に対抗して歴史上最も偉大な地図、大東輿地図を誕生させた地図師「古山子(こさんじゃ)キム・ジョンホ」の隠れた話を描いた映画。2009年、大山(テサン)文学賞を受賞した作家パク・ボムシンの小説を映画化した作品であり、30年余りの間、韓国の映画界をけん引してきたカン・ウソク監督の初の時代劇でもある。キム・ジョンホ役のチャ・スンウォンをはじめ、ユ・ジュンサン、キム・イングォン、ナム・ジヒョンなどが出演した。

公開された映像の中では、地図を描くことを決心するキム・ジョンホの姿が描かれている。 韓国のあちこちを歩き回りながら地図を作る彼の姿が印象的である。
チャ・スンウォンは、キム・ジョンホに扮し、雪が降っても雨が降っても地図を描いて視線を捕らえる。

韓国の歴史上、最も偉大な地図、大東輿地図(だいとうよちず)を完成するまで、国が独占した地図を民に返そうとした古山子(こさんじゃ)、キム・ジョンホの裏話がどのように描かれるか注目される。来る9月に封切り予定である。

(スターニュースの記事を翻訳しました)

*この記事はスターニュースのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

ついに予告編が発表されたようです。これから9月の公開に向けて、スンウォン氏のメディア露出が増えそうでとても嬉しいです。

今月は「三食ごはん高敞(コチャン)編」の放送が始まり、スンウォン氏への期待や注目が集まっているところですので、さらに映画の話題も加わって、盛り上がりそうですね。

ひたむきに、地道に、地図のために全国を歩き回ったキム・ジョンホと、スンウォン氏の姿が重なるような気がします。スンウォン氏が全国ロケで大変な思いをして撮影を重ねたこの「古山子、大東輿地図」が、日本でも早い段階で公開されることを願っています。
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment