[web記事]「三食ごはん」初撮影3日で終了…「初夏の高敞(コチャン)期待してほしい」


チャスンウォン 차승원 ユ・ヘジン ソン・ホジュン ナム・ジュヒョク 三食ごはん


「高敞(コチャン)の初夏の姿を期待してください」

「三食ごはん」側は、チョンソン、マンジェ島(ド)に続き、新たな背景となる全羅北道高敞(チョルラプクト コチャン)の初夏の姿を強調した。「三食ごはん」側は、新背景となる高敞(コチャン)に続き、ユ・ヘジンの合流のニュースまで知らせて、五回目のシーズンの期待感を増幅させた。

13日、tvN「三食ごはん」側は、「『三食ごはん』にユ・ヘジンがレギュラーメンバーとして合流した。五番目のシーズンの背景は全羅北道高敞(チョルラプクト コチャン)」と明らかにした。

ユ・ヘジンの合流は極秘に行われた。初撮影が行われた10日にもユ・ヘジンの合流を確約することはできなかった。ユ・ヘジンの「三食ごはん」への愛情は格別だった。彼は映画「共助」、「キー・オブ・ライフ」の撮影スケジュールのせいで合流が不透明だったが、制作会社側の配慮を要請し、高敞(コチャン)と蔚山(ウルサン)を行き来する強行軍を選んだ。

「三食ごはん」の初撮影は3日間続いた。ユ・ヘジンは2日目の11日、高敞(コチャン)に到着した。ユ・ヘジンの合流は、ナ・ヨンソクPDとユ・ヘジンの所属会社の関係者数人だけしか知らないほど極秘に行われた。当然、「三食ごはん」のメンバーであるチャ・スンウォンとソン・ホジュン、ナム・ジュヒョクも知らなかった。「三食ごはん」側は、「ユ・ヘジンの合流は、チャ・スンウォンをはじめ、ソン・ホジュン、ナム・ジュヒョクも知らなかったこと。みんな遊びに来てくれて喜んでいた。特に、チャ・スンウォンさんが最も激しい反応を見せた」と伝えた。

高敞(コチャン)は、海と山が調和した地方である。そのために山村編か漁村編かが気になるところである。これに対し「三食ごはん」側は、「現在は言うことができない。放送で確認してほしい。高敞(コチャン)は、本当に魅力ある地域である。チョンソン、マンジェ島とは違った魅力を持っている。初夏の高敞(コチャン)の姿を見る味わいもあるだろう」と鑑賞ポイントを伝えた。

チャスンウォン 차승원 ユ・ヘジン ソン・ホジュン ナム・ジュヒョク 三食ごはん


現在「三食ごはん」の初撮影を終えた状態である。従来の「三食ごはん」の撮影は2週間に一度進行されたが、今回は違う。「三食ごはん」側は、「出演者たちのスケジュールが非常に多様である。ご存知のようにユ・ヘジンは映画のスケジュールと並行している。そのために高敞(コチャン)に長く滞在することは不可能だとみられる。撮影は出演者のスケジュールに合わせ、その都度進行される」と話した。

制作陣はゲストに関しても口を閉ざした。その代わりに制作陣は「ひとまずニューフェイスであるナム・ジュヒョクが入り、ユ・ヘジンも急きょ合流した。当分の間は4人のケミストリーを見せるのに力を注ぐつもりである。新しいメンバーであるナム・ジュヒョクの適応過程と既存メンバーとのケミストリーを見守ってほしい」と呼びかけた。

これに関連して、ネットユーザーたちは早くから「三食ごはん」に関心を寄せている。チャ・スンウォンとユ・ヘジンが夫婦の息の合った様子を披露しながら番組を心強くリードして、ソン・ホジュンとナム・ジュヒョクも最高のケミストリーを披露してついてきてくれたら「三食ごはん」は以前のシーズンに劣らない人気を集めるものと見られる。

tvNの「三食ごはん」は、賑やかな都会を離れ、静かな田舎の生活をしながら自給自足する番組で、新シーズンは「新西遊記2」の後続として7月1日初放送される予定である。

(日刊スポーツの記事を翻訳しました)

*この記事は日刊スポーツのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

「三食ごはん」のシーズン3のニュースが発表されてから、何故かいまひとつ手放しで喜べない気分で、しばし低空飛行気味でした。せっかくスンウォン氏が「三食ごはん」に戻ってくるのに、この不安感は何なのか…と思っているところに、一枚の写真が舞い込んできました。

「霧が晴れるように」とはまさにこのこと。縁側に座る笑顔のユ・ヘジン氏と、右手に包丁を持った麦わら帽子姿のスンウォン氏、そしてソン・ホジュン氏とナム・ジュヒョク氏の”息子”2人の、一家団らんの写真を見たとたん、なぜか涙がこみ上げてきました。

そんなにヘジン氏が恋しかったのか?これは恋?(笑)と思ってしまうほど、ヘジン氏の帰還は大きな意味がありました。やはり大黒柱の”夫”が帰って来ると雰囲気がガラッと変わりますね。「三食ごはん漁村編」を2シーズンに渡って楽しんだ結果、私の中で「三食ファミリー」の存在が想像以上に大きくなっていたのだと感じました。やはり家族は皆が揃わないといけません。

ヘジン氏の帰還に最も激しい反応を示した、というスンウォン氏。やはり”夫”の帰りを誰よりも待ち望んでいたのでしょうね。メンバーも知らなかったヘジン氏の電撃帰還により、番組の雰囲気も一気に盛り上がることだろうと思います。三食ファミリーのそれぞれのメンバーの嬉しさが写真からこぼれてくるように伝わってきます。

いまひとつだった私の気分は、失くしたパズルのピースを見つけたように、一気に急上昇しました。「いつもの家族」が新たな場所に引っ越して、7月からまたドタバタしたりホロリとしたり、私たちに楽しい高敞(コチャン)の生活を届けてくれそうです。

お帰りなさい、ユ・ヘジン氏!

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

コメントを書く/Comment