[web記事]チャ・スンウォン「毒戦」出演確定、チョ・ジヌン x リュ・ジュンヨルと共演 - チャ・スンウォン!(非公式ファンサイト)

チャ・スンウォン !

チャスンウォン 非公式ファンサイト チャ・スンウォン ブログ

[web記事]チャ・スンウォン「毒戦」出演確定、チョ・ジヌン x リュ・ジュンヨルと共演


チャスンウォン 毒戦


俳優チャ・スンウォンが映画「毒戦(ドクジョン・仮題)」出演を確定した。

「毒戦」は、韓国最大の麻薬組織の正体不明のボス、イ先生を捕らえるため、刑事が組織のメンバーと手を握り、展開されるストーリーを描いた作品である。


この映画でチャ・スンウォンは、イ先生の組織のミステリアスな人物、ブライアン役を引き受けた。これまで見られなかったチャ・スンウォンのまた別の演技の変身が予告された。

チャ・スンウォンは「観客の立場では見慣れないものの、特別に感じることができるキャラクター」と説明した。また、彼は「予測できない展開を導いて、張り詰めた緊張感と興味を誘発する立体的な人物」と説明した。

ロマンス、コミック、スリラー、アクション、時代劇までジャンルを問わない演技派俳優として愛されている彼が見せてくれる次期作「毒戦」に対する期待感が大きい。チャ・スンウォンのほか俳優チョ・ジヌン、リュ・ジュンヨル、キム・ジュヒョク、キム・ソンリョンなど、華やかなラインナップも作品の信頼度を高める。

「毒戦」は映画「ヨコヅナ・マドンナ」「京城(キョンソン)学校:消えた少女たち」のイ・ヘヨン監督がメガホンを取った。「ラッキー」、「お嬢さん」、「ビューティー・インサイド」、「標的(邦題:ポイントブランク ~標的にされた男~)」を披露したヨンフィルムで制作する。2018年に公開予定。

(マイデイリーの記事を翻訳しました)

*この記事はマイデイリーのニュース記事を管理人が翻訳しました。チャ・スンウォン氏の非公式ファンサイトとして、日本のファンへの情報共有を目的に無断翻訳しております。著作権者、利害関係者からの削除要請の意思表示を受けた場合、速やかに誠意をもって応じたいと思いますのでご一報ください。

------------管理人のつぶやき------------

ブライアン役?外人???(笑)

先日の記事で、既に「毒戦」は7月1日にクランクインを迎えたと発信しました。今日になって、あらためて各社一斉に、スンウォン氏の出演確定のニュースを報じています。せっかくですから、もう一度お祝いを…。

・スンウォン氏「毒戦」出演確定~!!

今日はスンウォン氏の役柄についての情報が少し加わりました。「組織のミステリアスな人物、ブライアン役」だそうです。見慣れないけれど特別に感じることができるキャラクター?ってどんな役なのでしょう。まさかカタコトの外人役だったりして…(笑)

以前には麻薬組織のボス、という情報もありましたが、どうやらボスではなくて、その組織にいる”ミステリアス”な人物のようです。ミステリアスって…スンウォン氏のイメージには合うけれど、なぜ名前が”ブライアン”なんでしょう??

「毒戦」は犯罪アクション映画だと思うのですが、私の想像はなぜか3枚目の「ブライアン」に走ってしまい、まさかの女装とか、そんな役じゃないよね…と少々不安です。いえいえ、スンウォン氏のことですから、「特別に感じることのできるキャラクター」でファンをうならせてくれるはずです!

今日の記事では、先月22日に行われた台本リーディングの時に撮影したと思われる、キャストや監督の集合写真も公開されていました。残念ながら写真にスンウォン氏の姿はありません。22日はスンウォン氏は上海でお仕事でした…。

毒戦
後列左からキム・ジュヒョク氏、リュ・ジュンヨル氏、チョ・ジヌン氏、後列右端がイ・ヘヨン監督


映画は2018年公開予定のようです。スンウォン氏の撮影部分がニュース記事になることを願い、そしてブライアンが私の想像をはるかに超える素敵でかっこいい役でありますように。


関連記事

2 Comments

くむちょん さんのコメント...
殆ど喋らずアクション少なく微笑まず走らず。

管理人様、こんばんは!

私のこの記事を拝見した一発目のイメージです。

スンウォン氏の映画は『雲を抜けた…』しか観ておらず、ドラマも数作品だけなのですが、今までにないスンウォン氏、となると前出のイメージになりました。
名前は覚えていないのですが、スンウォン氏が女性2人組の韓国のアイドル歌手さんのPVに出演しているものをYouTubeで観て。
ちっちゃな犬(サンチェではなく柴犬っぽかったです)
と一緒に埠頭で屋台をやっていて、そこに偶然客としてきたアイドルさんの1人が昔、(恐らく)秘密組織でスンウォン氏と組んでいたことがあり…。みたいなストーリー展開のPVでした。
他の、ノワール作品とかでも観られるのでしょうか?スンウォン氏が唇を結びどこか興味なさげな視線で首をかしげて「ん?」と言う表情をする演技。
私はあの表情がとても好きで、少し相手を見下すような蔑視のような。

ボスの背後にひっそりと控えているもののその完璧すぎるスタイルと顔と間違いなく無表情で無造作に敵をヤるオーラを纏っているその姿はボス以上に圧倒的なドス黒さを持っていて。どうせヤるなら打撃戦など面倒なことはせず銃弾を眉間に撃てばそれでおしまい、的な冷酷さで。大切にしているのは小さな犬と昔の女。

あー、管理人様。
私のチープな脳内ではここまでが精一杯です。

近頃、チャジュンマのあからさまなおばさんぶりにメロメロだったので、クールでニヒルでヒールなスンウォン氏が出てきてくれません。

とにもかくにも、楽しみですね!
管理人様も、あまりご無理をなさらずに、お嫌いなジメジメを頑張って乗り切って下さい。
お肌のお手入れはお忘れなく!
2017.07.04 23:17
管理人 さんのコメント...

くむちょんさん、コメントをありがとうございます。

「大切にしているのは小さな犬と昔の女」というくだりが妙にリアルで、くむちょんさんの立派な妄想ワールドに引き込まれました。今までにない演技ってどんな演技なのでしょう。ブライアンという名前がまたインパクトがありますね。私もくむちょんさんと同じで、あまり動かないイメージで、指一本動かすだけで邪魔者が消えるような、そんな怖くて黒~いイメージが浮かんできました。

スンウォン氏が出演したミュージックビデオは、T-ARA(ティアラ)の「Lovey-Dovey」という曲だと思います。T-ARAは複数名のアイドル歌手グループで、スンウォン氏はこの曲の他にも「Cry Cry」という作品に出演しています。どちらもストーリーがあって、映画みたいな仕上がりになっています。スンウォン氏がとにかくかっこいい!♡

スンウォン氏が首をかしげてする、「ん?」という表情、分かります。ちょっと顎を上げて上から見下ろすような目線のドヤ顔のスンウォン氏も大好物です♡無表情で冷酷な目つきのスンウォン氏にゾクゾクするような色気を感じます。「毒戦」ではあの表情が見られるでしょうか…。

チャジュンマからの妄想の転換は大変そうですね(笑)スンウォン氏の演技の引き出しが多いように、ファンの妄想力も常に鍛えておかないといけないようです。

いつもご訪問ありがとうございます。またいらしてくださいね。
2017.07.05 01:08

コメントを書く
(댓글/Comment)

コメントには管理人から返信を差し上げます。(댓글에는 관리인이 답장을 드립니다/Blog manager will reply you. Please come back again.)


管理者にだけ表示を許可する (비공개 댓글/Private comment)